HOME > 英会話 > 看護に役立つ!実践メディカル英語

看護に役立つ!実践メディカル英語

執筆 押味貴之
 

国際化が進む昨今、日本の病院でも外国人患者が増え、英語によるコミュニケーション力が求められています。ここでは、医師であり医療通訳者でもある押味貴之先生に、外国人の患者と接するうえで必要な英語や心構えを解説してもらいます。加えて、医療従事者間での英語によるコミュニケーションのコツなども伝授。また、海外で病院にかかるときも役立つので、医療従事者以外の人もぜひ参考にしてください。

実践メディカル英語36
Lesson1: 痛みに関する英語表現
Lesson2: 外来での英会話 ~診察前~
Lesson3: 外来での英会話 ~診察後~
Lesson4: 医療面接での英会話 ~主訴・現病歴~
Lesson5: 医療面接での英会話 ~既往歴・家族歴・社会歴~
Lesson6: 身体に関する英語表現
Lesson7: 症状に関する英語表現
Lesson8: 医療通訳について説明する
Lesson9: 健康保険に関する英語表現
Lesson10: 身体診察の英語表現
Lesson11: 麻酔に関する英語表現
Lesson12: 検査に関する英語表現1
Lesson13: 検査に関する英語表現2
Lesson14: 介助で使う英語表現1
Lesson15: 介助で使う英語表現2
Lesson16: 医療通訳を使いこなす10のヒント
Lesson17: メディカルコミュニケーションの魅力と可能性
Lesson18: 日本人医療者による英訳の傾向と対策
 
Lesson19: 薬に関する英語表現
Lesson20: 産婦人科で使う英語表現
Lesson21: 眼科で使う英語表現
Lesson22: 耳鼻咽喉科で使う英語表現
Lesson23: 精神科で使う英語表現
Lesson24: 外国人看護師とのコミュニケーション
Lesson25: 医療職の名称に関する英語1
Lesson26: 医療職の名称に関する英語2
Lesson27: 検査値に関する英語
Lesson28: 英語で質問するコツ
Lesson29: 単数形と複数形
Lesson30: 病名の英語表現
Lesson31: 健康診断・検診に関する英語表現
Lesson32: 血液に関する英語表現
Lesson33: 英訳のポイント1
Lesson34: 英訳のポイント2
Lesson35: お見舞いに来た人とのコミュニケーション
Lesson36: インフォームド・コンセントに必要な英語


押味貴之(おしみたかゆき)プロフィール
押味先生 日本大学医学部 医学教育企画・推進室(医学英語)助教、慶応義塾大学医学部 & 東京女子医科大学 非常勤講師。「医療英語」「医療通訳」「外国人医療」をキーワードに教育・啓蒙活動に携わる。日本大学医学部で6年一貫医学英語教育を総括する他、各地で医学英語の指導や英語医療通訳の指導に従事している。
日本医学英語教育学会理事。日本大学以外でも慶応義塾大学、東京女子医科大学、千葉大学、北海道大学、岐阜大学、金沢医科大学など数多くの医学部で医学英語教育に従事。
Diplomatt School 英語医療通訳講師。 JIGH / medi-Phone 英語医療通訳講師。 VIA Medical Exchange Programs Advisor。 立命館大学国際関係学部、旭川医科大学医学部、Macquarie大学大学院翻訳・通訳学科卒。

※このコンテンツは『ベストナース』(北海道医療新聞社刊)掲載、「心が伝わる 実践!Medical いんぐりっしゅ」からの転載です。


  • アルコムワールドで日記を書く

英辞郎 on the WEB

メルマガ登録

  • HOME
  • 英会話
  • 看護に役立つ!実践メディカル英語