執筆 上野陽子
2012/5 Up

第18回 衣替えと微かな香り
Vol.18 Changing your wardrobe with a subtle smell

Question
What is camphor?
(樟脳<しょうのう>って何?)

いよいよ衣替えの季節ですね。新緑のまぶしさと眠っていた衣類が起こされた匂いが、日本のこの季節らしい風物詩でもあります。今回はそんな衣替えを見ていきましょう。

* 赤い色の語句の上にマウスカーソルを移動させる(スマホの場合はタップする)と語注が表示されます

四季のある日本らしい習慣
A seasonal Japanese custom

Traditionally, we change the clothes in our closet twice a year, known as koromogae, in June and October, in accord with the changing seasons. It's just a custom and not a duty, but many companies and schools have a winter and summer version of uniforms. Generally, the uniforms are thick clothes in dark colors for winter and lighter-colored, light clothes for summer.

私たちは、季節に応じて6月と10月頃に、“衣替え”と呼ばれる衣類の入れ替えをします。四季のある日本らしい習慣ですね。“絶対”ではないのですが、企業や学校では制服を夏服と冬服を用意して、冬の黒くて厚い服から、白く薄手の生地の服に変えていきます。

衣替えは衣類だけではなかった
Changing your wardrobe didn't used to mean just changing your clothes

Originally, koromogae was an imperial household event following a Chinese custom in the Heian period. At that time, people changed not only their clothes, but also things like fans: Japanese cypress fans in the winter, bamboo fans in the summer. In the Meiji period, the Japanese government set the koromogae dates as June 1 and October 1. Things that had finished their duty for the season were put in a drawer till the next season.

そもそも衣替えは平安時代に中国の風習に従った宮中行事であり、当時の宮中では衣服に加え、例えば扇も冬はヒノキ、夏は竹製に変えられていました。そして明治になって政府が6月1日と10月1日を衣替えの日に設定したのです。出番の終わった品々は次の季節まで、丁寧にしまわれるようになりました。

香りと一緒に記憶を楽しむ
Memory-inducing scents

Put away clothes without taking care of them, however, and you risk getting moldy or moth-eaten clothes. People air out their clothes and use camphor, from the wood of the camphor tree, to repel mold and moths. In old times wardrobes made from paulownia, which contains a component for repelling moths, were used for storing out-of-season clothes. These days, other herbs, such as lemongrass, are imported from foreign countries and gaining popularity as a moth repellent. It's good to smell these wood and herb scents when you take out your clothes after half a year and be reminded the previous season.

でも、そのまましまうとかびたり虫が付いたりするため、衣類は虫干しをし、クスノキから作った樟脳などを用います。古くは虫がつかない木材の桐ダンスなどに季節が過ぎた衣類をしまっていましたが、最近では海外から輸入されたレモングラスなどのハーブも防虫剤として人気を博しています。こうした草木は、また半年たって取り出すときに、前の季節の思い出と一緒に漂う香りがのがいいものです。

衣替えが済んだら夏!……の前に、梅雨の季節がやってきます。雨に濡れるアジサイの花にカエルの鳴き声。当たり前の日常にも、日本らしさがあふれています。

Answer
Camphor is a waxy, white or transparent solid with a strong aromatic odor made from the wood of the camphor tree.
It has been used since ancient times in Japan as a moth repellent for clothes.
樟脳はクスノキから作られた、ろう質の白や透明な個体で強い芳香があります。
日本では古くからたんすの虫よけに使われてきました。

日本のキホン トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録