執筆 上野陽子
2013/2 Up

第36回 日本の現代病・花粉症
Vol.36 Modern diseases in Japan: Hay fever / Pollen allergy

Question
What kind of disease is hay fever?
(花粉症ってどんな病気?)

さて、いよいよ鼻がムズムズ、目がくしゃくしゃ、花粉症の季節がやってきました。実は私はまだ発症していないものの、昨年の検査でスギ花粉に反応した数値が出て、少~しだけムズムズ感を体験しました……。いよいよ遅咲きデビューかもしれません。さて今回は、そんな今や国民病ともいわれる花粉症を見ていきましょう。

* 赤い色の語句の上にマウスカーソルを移動させる(スマホの場合はタップする)と語注が表示されます

今や日本人の3割が発症!?
About 30 percent of Japanese people experience hay fever symptoms now!

Research* shows that 32.2 percent of Japanese have symptoms of hay fever, kafun-sho, now. It's an allergy which is caused by the pollen of certain plants coming into contact with the mucous membranes of human noses and eyes. This results in symptoms of sneezing, a runny or stuffy nose and itchy eyes. These are the four most significant symptoms of hay fever. It may sound like a trivial matter but, if you are badly affected, it's a real pain. You'll have an annoyingly itchy nose, bloodshot and watery eyes and a headache ― all of which make it difficult to concentrate. Consequently, your efficiency at work, study and everything else will be reduced. It's such a common problem in Japan that these days the weather forecasts also include a pollen dispersal forecast.

今や、日本人の32.2パーセントが発症していると言われる花粉症。アレルギーのひとつで、植物の花粉が鼻や目などの粘膜に触れることで、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ……といった特徴的な4大症状がおこります。一見大したことがない病気に見えつつ、その実、かかってみるとそれは大変。鼻はムズムズ、目は真っ赤でくしゃくしゃ、頭痛はするし、集中力がなくなって、仕事や勉強の効率が下がってくるわけですから。この頃は、天気予報と一緒に、花粉の飛散予報までも見られます。

アレルギーは水があふれた状態にたとえられる!?
The allergy can be compared to a cup filled with water!?

The appearance of the symptoms is often likened to over-filling a cup with water. If you pour water gradually into a cup, eventually a single extra drop will make the water overflow. This is comparable to going over the acceptable amount of allergic tolerance. Why are there so many Japanese people with hay fever? According to the experts, there are several reasons ...

アレルギー症状が表面化するのは、よくコップから水があふれることにたとえられます。少しずつコップに水をそそいでいくと、一滴でも多くなった瞬間水があふれ出る。これがアレルギー耐性の許容量を超えたところ、というわけです。なぜ、現代の日本人に多いのでしょう? 専門家によっていろんな要因が挙げられています。

なぜ多くの日本人が花粉症なの?
Why are there so many Japanese with hay fever these days?

Some people say that pollen clings to the dust in air pollution and is scattered in city areas, while others believe that our reduced interaction with animals and plants makes people more prone to becoming immunocompromised. The basic reason is that the environment and people's life cycles have changed.
There are some effective treatments that sufferers can use such as injections and medications to stop the allergy from developing. In addition to these, people can also get laser treatment on the mucous membranes in their nose to alleviate the symptoms of their allergy.

例えば、空気が汚染され、その粉塵に花粉がまとわりついて都市部に花粉が散らばる、衛生環境が良くなり、動植物に触れる機会が減ることで、免疫作用が衰えた……など。基本的には生活環境やライフサイクルが変わってきたことが理由とされています。
患者に適用される効果的な治療方法として、従来からの注射や薬などで症状を抑える方法があります。加えて、鼻内部のアレルギー症状を引き起こす部分の粘膜にレーザー光線を照射する治療を受ける人も増えています。

とにかく、何事もなく過ごしたいのが、これからの花粉飛散時期ですね。残念なことに、今年の花粉の飛散量は多いとか……。でも、春一番とともに、暖かくなってコートを脱ぎ捨て、心身ともに軽くなる季節の到来でもあります。楽しい春になりますように。

Answer
It is an allergic reaction which is caused by the pollen of certain plants coming into contact with the mucous membranes of human noses and eyes. This results in the symptoms of sneezing, a runny nose or stuffy nose and itchy eyes.
アレルギーのひとつで、植物の花粉が花や目などの粘膜に触れることで、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ……といった症状が見られます。

*2010年ウェザーニューズの携帯サイトの利用者を対象に、2月20日~22日の3日間実施し、合計53,946人(男性37.6パーセント、女性62.4パーセント)の有効回答をまとめた結果

日本のキホン トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録