HOME > 英会話 > 英語で説明できますか? 日本のキホン > 日本の外食を眺めてみよう!(1)

執筆 上野陽子
2013/7 Up

第45回 日本の外食を眺めてみよう (1)
Vol.45 Let’s take a look at the dining-out culture in Japan, Part 1

Question
Who started the first dining-out boom in Japan?
(日本で最初の外食の火付け役はどんな人たち?)

一般的になった外食文化の中、オフィスで働いていると毎日1度は外食という人も多いのではないでしょうか。日本では超高級料理からファーストフードまで、あまり当たり外れなく外食を楽しめます。さて、日本の外食が広がったのはいつ頃からだったのでしょう……。今回は日本の外食ブームの歴史を眺めてみます。

* 赤い色の語句の上にマウスカーソルを移動させる(スマホの場合はタップする)と語注が表示されます

外食ブームの火付け役は単身赴任のサムライたち!?
Samurai had to stay in Edo and this created a culture of dining-out

There are family restaurants, so-called famiresu, and fast food restaurants everywhere these days. They started in the 1970s, and so do not have very long histories, but even before then there were many restaurants in Japan. In the Edo period especially, when domestic culture was maturing, many people started dining out.

近頃どこでも目にするファミレスやファーストフードなどの外食チェーンは、実は1970年代以降に広く登場するようになったもので、その歴史は比較的新しいものです。もちろん古くから家庭の外で食事をする場は広く見られましたが、特に日本文化が成熟を見せていた江戸時代には、外食も多くなっていきました。

時代劇に見る外食文化
Dining-out culture appears in samurai drama on TV

At that time, many samurai had to accompany their lord, or daimyo to Edo for sankin kotai. The lords had to stay in Edo (the former name of Tokyo) for some years to show their loyalty to the Shogun, meaning they left their families in their hometowns. Dining out was popular among those samurai living away from home. That's why you see scenes in restaurants or cafes in historical samurai dramas on TV.
Starting with the vendors of “Nara chameshi,” Japanese tea risotto, at Asakusa in the early Edo period, some expensive restaurants began appearing in the late Edo period. Typical Japanese cuisine, such as sushi and sukiyaki, were created around this time.

この頃、自分の当主について多くのサムライが参勤交代で江戸にやってきました。当主は将軍に忠誠を示すため数年江戸に滞在することもあり、サムライたちは妻子を故郷に残して江戸にやってくることになりました。外食は、こうした単身赴任の武士たちの需要が高かったというわけです。時代劇にも食堂風のお店や茶屋などが登場してくるのは、この辺に端を発しているのですね。
さて、江戸時代前期の浅草にあった奈良茶飯の店に始まり、後期には高級料理店も登場するようになりました。そしてこの時期に握り寿司や天ぷらなど、今の日本食の典型となるような料理も生み出されていきます。*1)

雑炊時代から一億総グルメ時代へ
From wartime risotto to the all-Japanese-are-gourmet era

After the Meiji period, a diverse variety of foreign cultures were introduced to Japan and influenced domestic Japanese cuisine, creating dishes such as sukiyaki, and curry with rice. During the war, eating zosui risotto, which is filling despite using only a small amount of rice, was popular. However, as the Japanese economy boomed, dining-out culture has been developed and famiresu and fast food restaurants became popular.

明治以降日本にはたくさんの西洋文化が入ってくるのと同時に、海外の食文化の影響を受けた、すき焼きやカレーライスなども生まれ、戦時中は少しの米でお腹を満たす雑炊なども人気を博しました。いよいよ戦後の高度成長に伴って外食産業は発展し、1970年代にファミリーレストランやファーストフードが登場するようになるのです。

さて、最近では有機野菜を使った料理や産地直送をうたったお店も多くなってきた半面、安価なファーストフードやファミレスも大人気。そして、高級志向のお店も健在です。次回は、バブル期から今にいたる外食のトレンドを眺めてみましょう!

Answer
Many believe that it was samurai in the Edo period who started the first dining-out boom in Japan. Samurai had to stay in Edo as part of their duty, sankin kotai, which meant leaving their families in their hometowns. It is believed that this practice caused the first dining-out boom!
一節によると江戸時代のサムライたちだとされています。家族の元を離れて江戸に参勤交代でやってきたサムライたちが最初の外食のブームの源だったとか。


日本のキホン トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録