HOME > 英会話 > 英語で説明できますか? 日本のキホン > 日本の外食を眺めてみよう!(2)

執筆 上野陽子
2013/7 Up

第46回 日本の外食を眺めてみよう!(2)
Vol.46 Let’s take a look at the dining-out culture in Japan, Part 2

Question
Which are the three highest earning restaurant chains in Japan?
(外食の売り上げランキングベスト3はどこ?)

前回は、参勤交代のサムライの外食から、70年代のファミレスブームなどを眺めてみました。その後、バブル期に「イタ飯」なんて言葉が流行し、そこからファーストフード、ファミレス、そして健康志向などへと外食の傾向は移り変わってきました。今の外食産業のトレンドはどのようなものでしょうか? 今回は近年の日本の外食について眺めてみましょう!

* 赤い色の語句の上にマウスカーソルを移動させる(スマホの場合はタップする)と語注が表示されます

日本のレストランが多様化した80年代
A wide variety of restaurants became popular in the mid-1980s

In the mid-1980s, right before Japan's bubble era, a wide variety of restaurants became popular. They served spicy, ethnic food, French cuisine or Italian cuisine (so-called Ita-meshi). In parallel with the gourmet boom-a time when the phrase “all Japanese are gourmet” became common-many restaurant guide books were published. Gourmet-themed TV shows were also broadcast, in which famous chefs cooked exquisite food and competed with one another.

バブル直前の1980年代半ばごろからエスニック料理、フランス料理、それから「イタめし」と呼ばれるイタリア料理など多様な料理が日本でブームになりました。こうした「一億総グルメ」と呼ばれるブームとともにガイドブックも多数出版されるようになり、しばらくはテレビの料理ショーで、有名店の一流シェフが絶品料理を作って競い合うまでになりました。

日本の外食に大切な要素とは?
What are the most important factors for people dining out in Japan?

These days many people prefer food that is good for your health and reasonably priced. At the same time, famires and fast food restaurants are increasing in number. The sales rankings show Zensho (a famires company) in first place, McDonald's second and Yoshinoya (the beef bowl restaurant) third, followed by Watami (an izakaya chain) and then Starbucks. It is said that the quality of the food and service are, along with reasonable prices, the most important factors for people dining out in Japan.

昨今では、一般的に健康志向の食事や安価で質のよい食事を求めるようになったのと同時に、手軽なファミレスやファーストフードも並んで数を増やしています。売り上げの上位は①ゼンショー(ファミレスチェーン)、②マクドナルド、③吉野家、④ワタミ、⑤スタバなど。価格も安価ながら、その質や味もサービスも大切にするのが日本の外食産業の基本といえるでしょう。

まずいものに出会うのが難しい国、日本!?
It’s hard to find terrible food in Japan!?

On the other hand, high class venues are also popular and well-established restaurants serving sushi, French cuisine and other specialties offer courses that start from 10,000 yen per person. French chef Lionel Beccat of Restaurant ESqUISSE in Ginza, said “There are few countries where the possibility of being served poor quality food is as low as in Japan.” Regardless of price range and formality, it seems that Japanese restaurants are high quality from every point of view.

一方で、高級料理店もまた人気を博し、老舗の寿司店やフレンチなどは、1万円以上のコースが当たり前といった傾向も見られます。銀座のフレンチの名店エスキスのシェフ、リオネル・ベカ氏はこう話したそうです。「日本ほど、まずい食事に出合う可能性が低い国はない」**。価格や高級さにかかわらず、あらゆる面から見てレベルが高いのが日本の外食のようですね。

Answer
The top restaurant chain by sales is a family restaurant company, Zensho, which runs Cocos, Sukiya and others. The second is McDonald's. The third is Yoshinoya. Watami, Colowide and Starbucks follow.
Cocosやすき家ほかのゼンショー、次にマクドナルド、牛丼の吉野家が売り上げのトップ3。続くのはワタミ、コロワイド、スターバックスなどでした。

国立国会図書館資料「外食」の歴史
『Newsweek日本版』TOKYO EYE 5月21日掲載 レジス・アルノー


日本のキホン トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録