執筆 上野陽子
2013/9 Up

第49回 日本の住宅事情(1)
Vol.49 Housing in Japan

Question
How long is the useful life of a wooden Japanese house?
(日本の木造家屋の耐用年数は何年くらいでしょう?)

島国日本は土地の面積が限られているため、他の国に比べて住宅は小さく、かつては“うさぎ小屋”などと呼ばれるほどでした。近年では、そんな土地事情とあいまって特に都心には高層マンションも増えています。さて今回は、日本の伝統的な建築から近年の住宅事情までを眺めてみましょう。

* 赤い色の語句の上にマウスカーソルを移動させる(スマホの場合はタップする)と語注が表示されます

伝統的な日本家屋の特徴とは?
What are the important features of traditional Japanese houses?

Most traditional Japanese houses are made of wood and have a Japanese style room, which has tatami flooring. The tokonoma, an alcove, is a space for decoration where people display Japanese drawings, flowers and so on. You can usually experience the Japanese aesthetic in this space. Shoji, wooden framed sliding doors covered with Japanese paper, produce the distinctive shadow and light of Japanese houses by making the sunlight softer as it comes through the paper. While concrete houses with wooden floors are also popular these days, Japanese people still like to have at least one Japanese style room in their house.

日本の伝統的な家屋は木造が多く、従来は畳を敷いた“日本間”が一般的です。部屋の一角に造られる床の間は、掛け軸や活けた花などを飾る場所。日本らしい風情を楽しめる空間です。木枠に和紙を貼った扉“障子”は、和紙が光をやわらかくして部屋に届け、日本家屋らしい陰影の風情も楽しめるもの。近年ではコンクリート建ての家も増え、またフローリングの人気も高くなっていますが、その一方で、少なくとも1部屋は和室を設ける家もまだまだ多く見られます。

日本にはレンガ造りの家は不向き!?
Brick houses are not suitable for Japan

Japan from a geographical point of view, has a lot of earthquakes, so the brick houses often seen in Western countries are not suitable for Japan. Even if you see what appears to be a brick house, it probably just has brick-like tiles on the walls. Sliding doors used to be used for the entrance, but Western style doors are common now. Also kawara, a traditional Japanese tile, used to be a common material, but many houses have Western tiles or flat, accessible rooftop balconies these days.

地質的には地震が多いために、欧米で見られるようなレンガを積む家屋は不向きとされ、一見レンガのように見えても実はレンガ風のタイルを貼った外壁の家も見られます。玄関は引き戸が多かったものが、近年では西洋式のドアの方が増えています。かつては瓦屋根が多かったものの、近年ではタイル貼りやコンクリートの平らで使いやすい屋上作りも多くなりました。

日本の木造家屋の耐用年数は30年!?
Wooden Japanese houses are said to last for only 30 years!

Since Japan is an island country with rough terrain, the areas suitable for living are overcrowded and there is a shortage of land. As a result, land is very expensive and a house with a garden in the city tends to be beyond most people's reach. Compared to houses in Western countries, which are made with stone and bricks and so retain their value, wooden Japanese houses are said to have a useful life of only 30 years and a depreciation period of about 15 years. After a certain number of years wooden houses tend to lose value as an asset. Many people say that we need to change the house valuation criteria to reflect this.

起伏が大きい島国日本では、住環境に向いた地域に住宅が密集して土地不足が生じ、土地が高価になり、庭が付いた家を手に入れるのは難しい傾向に。欧米の石造りやレンガ造りの家は年月がたっても資産価値が下がりにくいものの、日本の木造住宅の平均耐用年数は30年と短く、原価償却年数から約15年で建物部分が無価値とされてしまうこともあり、家が資産になりにくい面を改善するべきだとの声も聞かれます。

古い日本家屋の価値が見直される一方で、住みやすさや耐久性、そして都市での土地問題などから住宅にも変化が見られるようになってきました。日本全国でも、日本海側の住宅は大きいといったデータもあります。この続きは、10月8日更新の記事で、昨今の住宅事情をデータを交えて見てみます。 次回は60年ぶりに遷宮が同時に行われている伊勢神宮と出雲大社を取り上げます。お楽しみに。

 

Answer
It is said that the useful life of a wooden Japanese house is about 30 years, and that the depreciation period is 15 years.
日本の木造家屋の耐用年数はおよそ30年、減価償却期間は15年とされています。

参考資料:
野村総研
平成25年住宅・土地統計調査


日本のキホン トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録