HOME > 英会話 > 英語で説明できますか? 日本のキホン > 伊勢神宮と出雲大社の遷宮

執筆 上野陽子
2013/9 Up

第50回 伊勢神宮と出雲大社の遷宮
Vol.50 The Sengu of Ise Shrine and Izumo Taisha

Question
Which shrine is said to be the oldest?
(日本で一番古いとされる神社はどこ?)

今年は、60年に一度の伊勢神宮と出雲大社の遷宮が重なる年。遷宮ってどんなもので、それをする目的は何? そもそもこの2社はどんな神社でしょうか? 今回は、神聖な土地であり、同時にパワースポットとしても人気の神社を見ていきましょう。

* 赤い色の語句の上にマウスカーソルを移動させる(スマホの場合はタップする)と語注が表示されます

伊勢神宮と出雲大社の遷宮
Ise Shrine and Izumo Taisha have sengu this year

Ise Shrine (in Ise City, Mie) and Izumo Taisha (in Izumo City, Shimane) have both held sengu this year. So, first, what is sengu? Sengu is to transfer the body of a god to another shrine while an old shrine is being repaired or a new one is being built. Ise shrine was totally rebuilt, including the interior, and the god was transferred to the new shrine. At Izumo Taisha the main shrine, a national treasure built in 1744 in which Okuninusi-no-okami is enshrined, has been renovated and the god has been returned to it.

今年、伊勢神宮(三重県伊勢市)と出雲大社(島根県出雲市)が、そろって遷宮を迎えました。さて、まず遷宮とは何でしょう? 遷宮とは神社修理や造営のために神体を別の本殿に移すこと。伊勢神宮では建物全てを建て替えし、さらに殿内の装束などを新調してご神体を新宮へ移します。出雲大社では1744年に建てられて大国主大神をまつる本殿の大改修を行い、大国主大神は本殿に戻されました。

なぜ遷宮をするの?
Why do they practice sengu?

Sengu is held to keep the holy environment pure and clean, representing the everlasting power of the god. People renovate the old shrine or build a new one to preserve the god’s power. Ise Shrine has sengu every 20 years and Izumo Taisha has sengu every 60 years. This year a dual sengu was held for the first time in 60 years - the time of the last dual sengu was in 1953.

遷宮は、神の力を示す神聖な場所を清らかに保つために行うとされています。人々は神様の力を保つために老朽化した神殿を新しいものに建て替えるのです。伊勢神宮は20年に一度、出雲大社が60年に1度。同じ年の遷宮は1953年以来60年ぶりだそうです。

そもそも伊勢神宮と出雲大社とは?
What are Ise Shrine and Izumo Taisha?

Among the thousands of Shinto shrines in Japan, Ise Shrine is treated as one of the most sacred. Actually Ise Shrine refers to a group of 125 different shrines in Ise city. The official name of “Ise Shrine” is simply “Shrine” (Jingu) only. Ise Shrine is dedicated to the goddess of the sun, Amaterasu-omikami. She is the major deity of the Shinto religion.

On the other hand, Izumo Taisha is one of Japan's most important shrines and is considered to be the oldest. The main deity enshrined at Izumo Taisha is Okuninushi-no-okami. According to the creation myths, Okuninushi was the creator of the land of Japan.

さて、伊勢神宮は、日本に数ある神社の中で最も神聖な神社のひとつとされています。実は“伊勢神宮”とは伊勢市にある125もの異なる神社の総称で、“神宮”が本来の正式な名称だそうです。太陽神であり、日本の神道の神である天照大神をまつっています。

一方、出雲大社は重要な日本最古の神社のひとつと考えられており、まつられているのは大国主大神。神話では大国主が日本の土地を作ったとされています。

かつての日本人は、伊勢神宮に行くことが生涯の願いだった時代もあり、本連載記事の第7回「師走に、走り回っているのは誰?」でふれたように、日本で最初のツアーコンダクターが生まれたのもここ伊勢だとされました。そして、日本を作った神話を持つのが出雲の神であるなど、どちらも日本で指折りの神聖な場所であり、またパワースポットでもあります。どちらに行くか……は、自分の吉方を選ぶといいそうですよ。

 

Answer
It is believed that the oldest shrine is Izumo Taisha.
一説によると最古とされる神社が出雲大社です。


日本のキホン トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録