執筆 上野陽子
2014/3 Up

第61回 月名の由来 和名と英語
Vol. 61 The Origins of the Names of the Months, in Both Japanese and English

Question
What are the origins of the names of the third month of the year in Japanese and English?
(3月の和名とその由来は何?)

いよいよ年度末となる3月。日本では草木が生い茂る"弥生"と呼ばれる月であり、英語ではローマ歴の最初の月で、ローマ神話の軍神Marsに由来するそうです。3月を最初の月として数えるために、英語では10月がOct(8)で、Octoberになった……というわけですね。さて、今回は和風月名と英語の元となったラテンからその語源や由来を見ていきましょう。

* 赤い色の語句の上にマウスカーソルを移動させる(スマホの場合はタップする)と語注が表示されます


Month
英語名
English
和風月名(わふうげつめい)
Japanese
ラテン語 (英語語源)
Latin
語源・由来 Origin (The upper entries show the Japanese origin, and the lower entries show the English (Latin) origin.)
1月 January 睦月
(むつき)
Mutsuski
The Chinese character Mutsumi means the month of affection. This is quite appropriate as Mutsuski is the time when family and friends celebrate the new year together.
<由来・語源(日本語)の訳> 睦月は睦び(親しくする)の意。睦月はその名の通り、正月に親類一同や友人が集まり、新年を祝う。
Januarius January is named after the Roman god of beginnings and endings, Janus. (The month was called Januarius.)
<由来・語源(英語)の訳> ローマ神話で"物事の始まりと終わり"をつかさどる神ヤヌス(Janus)から。
2月 February 如月
(きさらぎ・衣更着)
Kisaragi
The name Kisaragi gives an idea of how cold the weather can be at this time. It means the month to put on more clothes against the cold.
<由来・語源(日本語)の訳> 2月は如月・衣更着(きさらぎ)とも言い、この時期の寒さをほうふつさせる名前です。まだ寒さが残るため、衣を重ね着する(更に着る)月の意味。
Februarius The name February comes either from the ancient Italian god of purification, Februus, or from Februa, referring to the festivals of purification celebrated in ancient Rome during this month.
<由来・語源(英語)の訳> この名前は古代イタリアの清めの神Februusから、またはこの月に行われる古代ローマにおける清めの儀式Februaから。
3月 March 弥生
(やよい)
Yayoi
The third month is called Yayoi. This is the month of new growth, the beginning of spring.
<由来・語源(日本語)の訳> 3月は弥生と呼ばれ、春の木草弥生い茂る(きくさいやおいしげる、草木が生い茂る)月。
Martius March was the first month of the Roman calender. It is named after the Roman god of war, Mars.
<由来・語源(英語)の訳> 3月はローマ歴で最初の月。ローマ神話の軍神マルス(Mars)から。
4月 April 卯月
(うづき)
Uzuki
Uzuki means the month when the deutzia blooms. The deutzia is a type of shrub with white flowers.
<由来・語源(日本語)の訳> 4月は卯月と呼ばれ、卯の花が咲く月。低木の種類で白い花をつける。
Aprilis The name April is said to come from Aphrodite, the Greek goddess of love. Aprilis derives from aperire, "to open," and was possibly chosen because it is the month in which the buds begin to open.
<由来・語源(英語)の訳> ギリシア神話の女神アフロディテ(Aphrodite)に由来するとされる。また、Aprilisは"開く"の意味であり、つぼみが開き始めることに由来するともされる。
5月 May 皐月
(さつき・早月)
Satsuki
The fifth month is called Satsuki, and it means the month to plant rice shoots.
<由来・語源(日本語)の訳> 5月は皐月・早月(さつき)とも言う。早苗(さなえ)を植える月を意味する。
Maius The name May is said to come from Maius, the Roman goddess of honor and reverence.(It is the third month of the Roman calendar.)
<由来・語源(英語)の訳> ローマ神話の豊穣の女神マイアス(Maius)からとされる。(ローマ暦の3番目の月)。
6月 June 水無月
(みなづき、みなつき)
Minazuki
The sixth month is called Minazuki. The middle character means "no" (as in "the month of no water"), but this character is generally said to be used for its sound rather than its literal meaning, with the name actually meaning the exact opposite: "month of water."
<由来・語源(日本語)の訳> 6月は水無月と呼ばれる。真ん中の漢字は(水)"無い"(月)を意味するが、この漢字は文字通りの意味ではなく、音声上の"音"であって"水の月"となる。
Junius The fourth month of the Roman calendar, June, was named in honor of Juno, an ancient Roman goddess of of marriage and childbirth.
<由来・語源(英語)の訳> ローマ歴4番目の月、6月は古代ローマの結婚や出産の女神ジュノー(Juno)から。
7月 July 文月
(ふみづき、ふづき)
Fumizuki
The seventh month of the year is called Fumizuki or Fuzuki. This has two common interpretations: the month when the ears of rice swell and the month to write poetry.
<由来・語源(日本語)の訳>7月はふみづき・ふづきと呼ばれる。稲の穂が実る月(穂含月:ほふみづき)と、文(詩)を書くの両方の意味があるとされる。
Julius This is the month in which Julius Caesar, Roman general, statesman, Consul and notable author of Latin prose, was born, and so it was named Julius.
<由来・語源(英語)の訳> ローマの軍人・政治家、ラテンの文筆家であり、この月に生まれたカエサル(Julius Caesar)の名から。
8月 August 葉月
(はづき、はつき)
Hazuki
  The eight month is called Hazuki and means the month of leaves. It can mean the month of falling leaves, but this seems a little early.
<由来・語源(日本語)の訳> 8月とは葉月と呼ばれ、"葉の月"を意味する。少し早く木々の葉が落ちる葉落ち月(はおちづき)によるとされる。
Augustus August is named after the first of the Roman emperors, Augustus. (It was chosen because several fortunate events in his life occurred during this month).
<由来・語源(英語)の訳> 初代ローマ皇帝アウグストゥス(Augustus)から。(彼の人生で幸運なできごとがこの月に起きたためとされる)。
9月 September 長月
(ながつき、ながづき)
Nagatsuki
The ninth month is called Nagatsuki, which includes the Chinese character for "long," referring to the long nights of this month.
<由来・語源(日本語)の訳> 9月は長月と呼ばれ、漢字の"長い"は夜の長さを表す夜長月(よながづき)の意。
Septem The name September comes from the Latin septem, "seven," referring to the seventh month of the Roman calendar.
<由来・語源(英語)の訳> ラテン語でseptem「7番目の月」の意味(3月を初月として)。
10月 October 神無月
(かんなづき・神在月)
Kannazuki
The 10th month is called Kannazuki. As with Minazuki above, the middle character means "no" but is said to be used for its sound and not its literal meaning, with the name actually meaning "month of god." A legend has it that this is the month when, all over Japan, gods leave their homes to gather and discuss business at Izumo Taisha, the Izumo Grand Shrine. Another name for this month is Kamiarizuki, the month with gods.
<由来・語源(日本語)の訳>10月は神無月と呼ばれる。前出の水無月と同様に、真ん中の漢字は(神)"無い"(月)を意味するが、この漢字は文字通りの意味ではなく、音声上の"音"であって"神の月"となる。全国の神々が出雲大社に集まり、各地の神々が留守になる月という説などもある。また、神在月とも呼ばれる。
Octo The name October comes from the Latin octo, "eight," referring to the eighth month of the Roman calendar.
<由来・語源(英語)の訳> ラテン語でocto「8番目の月」の意味(3月を初月として)。
11月 November 霜月
(しもつき)
Shimotsuki
The 11th month of the year is Shimotsuki, the month of frost.
<由来・語源(日本語)の訳>霜の降る月。
Novem The name November comes from the Latin novem, "nine," referring to the ninth month of the Roman calendar.
<由来・語源(英語)の訳>ラテン語でnovem「9番目の月」の意味(3月を初月として)。
12月 December 師走
(しわす)
Shiwasu
The last month of the year is called Shiwasu, and this means the month of busy priests, as they rush to attend religious services. The last character means "to run." (Please refer to Vol. 7: Who is "running around" in "Shiwasu"? for other origins.)
<由来・語源(日本語)の訳>12月は師走と呼ばれ、師(坊主)といえども宗教行事で趨走(すうそう、走り回る)するとされる。(ほかの由来は第7回「師走に走り回っているのは誰?」をご参照ください)。
Decem The name December comes from the Latin decem, "ten," referring to the 10th month of the Roman calendar.
<由来・語源(英語)の訳> ラテン語でdecem「10番目の月」の意味(3月を初月として)。

日本語名も英語名も、語源や由来を知るほどに奥が深く、その文字や名前の美しさがじわっと心に染みてきます。古の昔に思いをはせながら、もう一度漢字も英語名も眺めていると、いつも違った暦が感じられそうです。

Answer
The Third month of the Japanese calendar is called Yayoi. This is the month of new growth, the beginning of spring. March was the first month of the Roman calender. It is named after the Roman god of war, Mars.
3月は弥生と呼ばれ、春の木草弥生い茂る(きくさいやおいしげる、草木が生い茂る)月。ちなみにローマ歴で最初の月。英語はローマ神話の軍神マルス(Mars)に由来しています。

[参考資料]
Web ENCYCLOPEDIA MYTHICA, Origin of the names of the months
Web国立天文台 暦Wiki 英語の月名の由来
Web 国立国会図書館 日本の暦 和風月名
Web在シドニー日本国総領事館 The months of the Japanese calendar


日本のキホン トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録