執筆 上野陽子
2014/3 Up

第62回 日本の消費税の歴史
Vol. 62 The history of the consumption tax in Japan

Question
When was the consumption tax introduced in Japan? What percentage was it?
(日本の消費税はいつ、何パーセントで始まった?)

いよいよ4月から消費税率が5%から8%にアップされ、消費税率アップ前の駆け込み消費も目立つようになりました。そもそも日本の消費税は、いつどの内閣で始まり、どのように変遷してきたのか……今回は、日本の消費税の歴史を見ていきましょう。

* 赤い色の語句の上にマウスカーソルを移動させる(スマホの場合はタップする)と語注が表示されます

そもそも消費税ってどんなもの?
First of all, what is consumption tax?

Basically the Japanese consumption tax consists of a direct and an indirect tax. This is similar to VAT, GST, and other sales taxes in Western countries. For example, when you buy potato chips at a convenience store, you, the consumer, pay the consumption tax, while the store operator pays duty on the goods to the government. The tax rate is 5 percent now; however, 1 percent of that 5 percent is a local consumption tax. Prime Minister Shinzo Abe said in October 2013 that the consumption tax will be increased from 5 percent to 8 percent.

基本的に、日本の消費税とは直接消費税と一般消費税に分けられます。これは、欧米のVAT(Value-Added Tax、付加価値税)やGST(Goods and Services Tax、物品税)、その他の消費税に似ています。たとえば、消費者のあなたがコンビニでポテトチップスを買ったら、消費税を支払います。そして、事業者は商品に課された税金を政府に納めます。今の消費税は5%ですが、そのうち1%が地方消費税1%となっています。安倍晋三首相は昨年10月、消費税率を2014年4月に5%から8%に引き上げることを表明しました。

消費税の歴史とは
The history of the consumption tax in Japan

The consumption tax was introduced by the Liberal Democrat (LDP) administration under Prime Minister Noboru Takeshita at a 3 percent rate in 1989. The consumption tax rate was raised from 3 percent to 5 percent by ex-Prime Minister Ryutaro Hashimoto’s administration in 1997. Now, after 17 years, the rate will be increased to 8 percent from this April.

日本の消費税は、1989年竹下登内閣によって導入され、税率3%でスタートしました。1997年、橋本龍太郎内閣時に3%から5%へ引き上げられ、2014年4月から8%への引き上げは、それ以来17年ぶりです。

April 1989 Consumption Tax Act Prime Minister Noboru Takeshita's administration
1989年4月
消費税法施行 3%
竹下登内閣
April 1997
3% → 5%
Prime Minister Ryutaro Hashimoto's administration
1997年4月 
3% → 5%
橋本龍太郎内閣
April 1997
5% → 8%
Prime Minister Shinzo Abe's administration
2014年4月
5% → 8%
安倍晋三内閣
October 2015
8% → 10% (scheduled)
 
2015年10月 
8% → 10%(予定)
 

When the consumption tax was introduced, it was feared that it would be more than 10 percent in a certain number of years. It seems like finally that moment is coming.

3%の消費税導入時に、欧米などの例からいつかは10%を超えるだろうと懸念されてきましたが、とうとうその時がやってきそうです。

消費税はこれからどうなるか
What will happen to the consumption tax?

The consumption tax will be increased from 8 percent to 10 percent in October 2015. There is a variety of cautious theories on the tax. One such theory is that as “Japan is on the way to recovering from deflation, if we increase the consumption tax it might have an adverse influence on the economy, such as decreasing consumer demand.” The general consumption tax is the best way for tax neutrality; however, some people will feel a heavy burden depending on their income. Some people declare that it'll be problematic from the standpoint of fairness. So Prime Minister Abe is including a capital benefit for low income groups and investment aid for small and medium-sized companies. The Abe administration is trying to boost the economy using Abenomics, and at the same time realize an increase in wages while boosting consumption.

2015年10月にさらに2%引き上げ8%→10%とする予定とされています。「デフレ脱却の途上である現在、消費増税を実施すれば消費意欲を減退させるなど景気腰折れの懸念がある」といった慎重論も聞かれ、すべての物品に掛けられる一般消費税は、課税の中立性原則の観点から一番望ましい税制であるとされながら、収入によって負担感が違うため、公平性には欠ける、との声も出ています。安倍首相は今回の経済対策で、低所得者への現金給付や中小企業への投資補助金などの諸対策を盛り込んでいきました。アベノミクスの推進で経済成長を図り、賃金上昇から消費拡大につなげようというわけです。

導入された当時から、他国の例を見てもいつかは10%を越えるだろうといわれてきた消費税。いよいよその時も間近になってきました。バブル最後の時代の3%から、今の時代の8%から10%の変遷を、消費動向、物価、世相と一緒に眺めてみるのも、おもしろそうです。

Answer
The consumption tax was introduced by ex-prime minister Noboru Takeshita's LDP administration at a rate of 3 percent in 1989.
消費税は1989年竹下登内閣時代に3%で導入されました。

[参考資料]
国税庁 消費税のあらまし
YOMIURI ONLINE 消費税と少子高齢化の関係
nippon.com 消費増税決定、2014年4月から8%へ


日本のキホン トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録