執筆 上野陽子
2015/2 Up

第83回 日本のバレンタインデー
Vol. 83 Valentine's Day in Japan

Question
Can you explain what giri-choko is?
(「義理チョコ」とは?)

2月14日のバレンタインデーは、日本では女性から男性にチョコレートをあげて愛を告白できる日とされます……が、多くの女性が自分の周りの人たちに「義理チョコ」を配る日でもあります。そもそもバレンタインデーはどんな日で、いつ日本に入ってきたのでしょう。今回は、日本のバレンタインデーを眺めてみました。

* 赤い色の語句の上にマウスカーソルを移動させる(スマホの場合はタップする)と語注が表示されます

バレンタインデーはチョコレートの日ではない!?
Valentine's Day is not a chocolate-giving day

Saint Valentine's Day is a celebration observed on February 14 each year. It began as a liturgical celebration of the early Christian saint named Valentinus. It is celebrated in many countries around the world, although it is not a national holiday in most of them. People send cards, flowers, chocolates and other gifts to their loved ones, often including family members. However, many countries have their own customs to celebrate the day, and Japan is among them.

聖バレンタインデーは毎年2月14日の祝日です。昔の聖人ヴァレンティヌウスに由来する行事として始まり、世界各国でお祝いされるものの、ほとんどの国が休日とはしていません。この日は家族も含め、自分の大切な人にカードや花やチョコレートなどを贈りますが、国によってさまざまな形式が見られます。

日本のバレンタインはビジネス商戦
Valentine's day has a business competition aspect in Japan

A confectioner, Morozoff Ltd., introduced the holiday to Japan in 1936 and later began promoting the giving of heart-shaped chocolates. Other Japanese confectionery companies soon joined in, and then Isetan department store started its own Valentine's Day sale in 1958. Other campaigns also popularized the custom, and chocolate sales sharply increased. Since there is a strong gift-giving custom in Japan, women give chocolates to their co-workers, classmates, teachers and others. It is said that the Japanese custom of only women giving chocolates to men may have originated from a translation error. Valentine's Day in Japan is not connected to religion but is a time of heightened business competition among confectioners.

例えば日本では、お菓子会社のモロゾフが1936年にバレンタインを紹介し、後にハート型のチョコレートを贈ることを広めていきました。そこに他の菓子会社も追随し、1958年に伊勢丹がバレンタインセールを始めるようになります。さまざまなキャンペーンが行われ、バレンタインは一般的なものになり、チョコレートの売り上げは伸びていきました。日本では贈り物をする文化が根強いため、女性は同僚やクラスメートや先生などにチョコレートをあげるようになったのです。日本では女性だけがチョコレートをあげることになっていますが、実はこれは当時の翻訳ミスだったのではないかとされているようです。日本では宗教的なニュアンスはなく、どちらかというお菓子会社の商戦の色合いが強い行事といえるでしょう。

義理チョコの値段の平均は?
What is the average price paid for giri-choko?

The custom of giving chocolate to your friends is known as giri-choko - giving chocolate out of a sense of obligation. According to Research Bank's data, the average price paid for giri-choko last year was from 500 yen to 1,000 yen. Meanwhile, honmei-choko, chocolate for someone special, is expected to be between 1,000 yen and 2,000 yen. Men who receive chocolate on Valentine's Day are expected to return the favor by giving gifts that are triple the value of what they had received, such as candy, marshmallows, or chocolate, sometimes along with a small gift, such as an accessory, on White Day, held on March 14. Japanese confectioners make half of their annual sales at this time of the year.

周りの友人などにあげるチョコレートは「義理チョコ」と呼ばれます。リサーチバンクによると、昨年の義理チョコの平均価格は500円から1000円程度。その一方で、特別な人にあげる「本命チョコ」の価格レンジは1000円から2000円。そして、チョコレートをもらった男性は、3月14日のホワイトデーにキャンディ、マシュマロ、チョコレートなどをお返しすることを期待されます。最近では、お菓子に加えてプレゼントも期待され、「3倍返し」などと言われることも。日本のお菓子業界は、この時期に年間の半分を売り上げるとされています。

「今年はいくつもらえるか」「あの人にもあげるべきか……」など、義理でも本命でも、チョコレートをめぐって男性も女性もどこか落ち着かないのが2月14日ではないでしょうか。実は、バレンタインデーは仕事の効率が上がる日だといったデータも出ているなど、チョコレートをもらうと、やっぱり男性は奮起するようです。

Answer
The custom of giving chocolate to your friends is known as giri-choko – giving chocolate out of sense of obligation. The usual price paid for giri-choko is between 500 yen and 1,000 yen.
友達などに配るチョコレートを、義理チョコと呼びます。義理チョコの価格は500円から1000円ほどが平均です。

[参考資料]
リサーチバンク バレンタインデーに関する調査 2014年2月


日本のキホン トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録