HOME > 英会話 > 起き寝るつぶやき英語表現 > 舛添要一東京都知事

執筆・解説 辰巳友昭


つぶやき英語表現 Vol. 98
2/28 Up
with all of our energy
(全力で)
Tatsumi's Pick Up
「みんなで一丸となって都政の信頼回復に努め、オリンピック・パラリンピックに向けて全力疾走したい」
― 舛添要一東京都知事

I hope we can all work together as one so that the citizens will trust the Tokyo administration again and that we can sprint toward the Olympics and the Paralympics with all of our energy.

解 説

背景
2020年の東京五輪開催を見事な英語プレゼンで勝ち取ったのもつかの間、猪瀬氏がスキャンダルの中辞職し、新知事に立候補したのはなんだか不安な方ばかり。都知事選がいつにも増してしらけたムードで行われた気がしたのは私だけでしょうか。国の首相だけでなく首都の知事までも短期間で変わってしまって、国際社会の信頼が得られるのかという不安もあります。東京五輪反対派だった私でさえ、この期に及んで開催が白紙に戻ったりしたらどうしよう、と少々心配しました。結果的に舛添氏に決まり、まあ無難に収まった感じでしょうか。


表現解説
「人事を尽くして天命を待つ」という表現を好んで使う人は多いと思います(私もそうです)。これに限らず「頑張る」「全力を尽くす」という言い方を日本人はよくします。今回は舛添新都知事の「全力疾走」という表現を、文字通りsprint with all of our energyという英語にしてみました。sprintは日本語でも短距離ランナーを「スプリンター」というように、これ自体に「全速力で走る」という意味のある動詞です。


舛添コメントではもう一つ「一丸となって」という表現も面白いと感じました。英語でもまったく同じようにwork together as oneと言えるからです。as oneで「一つのものとして」。有名なJohn Lennonの『Imagine』にも and the world will be as one (そして世界は一つになるだろう)という歌詞がありますね。


「全力」というとdo/try one's bestという熟語を思いつくと思います。これは中学で何度も練習する表現なので、使い方も覚えている人が多いでしょう。I'll do my best.(全力で頑張ります)、Do your best!(精一杯頑張って!)。


他にas ~ asを使って、I will work as hard as I can.(精一杯働きます)のように言うこともできますね。これも中学2年生くらいで学ぶので、覚えている人が多いと思います。ただしas ~ as one canをas ~ as possibleで言い換える練習をするせいか(二つはほとんど同じ意味)、ついついI will work as hard as I can possible(×)のようにごちゃ混ぜに使うケースが生じます。これについては注意しましょう。


これら基本的な「全力」表現に加えて、「全力疾走」に対するspring with all our energyと「一丸になって努める」のwork together as oneも、使えそうな場面ではぜひ試してみてください。I pushed the door with all my energy.(ドアを全力で押した)のように状況次第で応用できるようになれば、達人の域です。


最後に起き寝るから、「頑張る」系の表現を二つ紹介します。


今回の起き寝る関連表現

I'll do my best tomorrow, too!
(明日も頑張ろう!)
起きてから寝るまで英語表現700』P. 270 No. 39

Mr. Spader from Umiyama trading company is a tough negotiator, so I'm going to give it all I've got.
(海山商事のスペイダーさんは、手ごわい相手だから気合を入れないと)
起きてから寝るまで英語表現700 オフィス偏』P. 88 No. 21

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録