HOME > 英会話 > 石原真弓先生の英会話質問箱 > 「やっぱり~の方がよかった」の「やっぱり」の意味になる英語表現は何?

執筆 石原真弓

「やっぱり~の方がよかった」の「やっぱり」の意味になる英語表現は何?

「やっぱり……の方がよかった」「やっぱり……だったね」「やっぱり……していい?」など、「やっぱり」を使った表現を英語ではどう言うか教えてください。
(海外 A.K.さん)

「やっぱり」はいろいろな英語に置き換えられるので
意味による使い分けが必要です

「やっぱり、やはり」に相当する英語にはさまざまな表現があるので、意味による使い分けが必要です。
 まずはご質問の表現から。「やっぱり……(の方)がよかった」と言う場合は、「I should've+過去分詞形」(……すればよかった)を用いると簡単に表せます。I should've ordered pasta.(パスタを注文すればよかった)などと言えば、「やっぱり」というニュアンスを含ませることができます。
 「やっぱり……だったね」といった、予想が当たったときの「やっぱり」は「思ったとおり」と考えて、as I thought や as I expected を用いましょう。She came late, as I thought.(やっぱり彼女は遅れて来た)という感じです。
 「やっぱり……していい?」と尋ねるときの「やっぱり」は、I('ve) changed my mind.(気が変わりました)と表現します。I('ve) changed my mind. Can I go with you?(やっぱり一緒に行ってもいい?)のように言いますが、この2文の順序を入れ替えてもOKです。
 そのほか、「(考え直した結果)やっぱり」は on second thought、「(なんだかんだ言っても)やっぱり」は after all と言います。状況に応じて使い分けてくださいね。

前回の質問は……

This is my second time to New York. を導くための質問表現を教えてください!


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録