HOME > 英会話 > 石原真弓先生の英会話質問箱 > badとbadly、hardとhardlyなどの使い方は?

執筆 石原真弓

badとbadly、hardとhardlyなどの使い方は?

badとbadly、hardとhardlyなどの使い方がよくわかりません。理解しやすく教えていただけるとうれしいです。
(東京都 dolさん)

品詞を理解すれば、単語を正しく使えるようになります

単語を正しく使うには、品詞を理解することが必要不可欠です。基本的に、形容詞は名詞を修飾し、副詞は主に動詞を修飾すると覚えておきましょう。
 badは「ひどい、悪い」という意味の形容詞です。よって、bad weather(ひどい天気)、bad news(悪い知らせ)のように「形容詞+名詞」の形で用います。It was very bad.(それは最悪だった)のように、主語の状態を表すこともあります。badlyは、「ひどく」という意味の副詞です。よって、He sings badly.(彼はひどく歌う→彼の歌はひどい)のように、動詞を修飾します。badlyは「すごく」という意味の副詞として用いられる場合もありますが、かなりくだけたアメリカ英語では、badを同様に使うこともあります。例えば、「スポーツカーがすごく欲しい」と言いたい場合、正しくはI want a sports car so badly.ですが、I want a sports car so bad.(非標準)も可能です。
 一方hardは形容詞としても副詞としても使われ、形容詞だと「かたい、難しい、つらい」、副詞だと「熱心に、一生懸命に」という意味になります。It was a hard test.(難しいテストだった)のhardは名詞を修飾しているので形容詞、I worked hard.(私は一生懸命働いた)のhardは動詞を修飾しているので副詞です。hardlyは「ほとんど~ない(程度を表す)」という意味の否定語で、hardに-lyがついた「難しく、つらく」という意味の副詞、ではありません。I can hardly speak French.(私はフランス語がほとんど話せない)、I hardly know her.(私は彼女をほとんど知らない)のように使います。

前回の質問は……

現在完了形と現在完了進行形の意味合いの違いを教えてください。


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録