HOME > 英会話 > 石原真弓先生の英会話質問箱 > 結婚式で新婦にCongratulations.と言ってはいけないの? ほか

執筆 石原真弓

結婚式で新婦にCongratulations.と言ってはいけないの? ほか

一部の本には、「結婚式で新婦にCongratulations.と言ってはいけない」と書いてありますが、多くの本には「現代ではそんなことはない」とあります。これは、言う人の年代によるのでしょうか? また、ある会話本に、「My hobby is shopping.」という英文がありましたが、別の間違い表現集には、「shoppingやplaying with friendsはhobbyとは言わない」とあります。ネイティブはどう思うのでしょうか?
(愛知県 マーチャさん)

Congratulations.と言う人は増えていますが、年配の人はほかの表現を使うことも

はじめに、なぜ新婦にCongratulations.と言ってはいけないのかという点から説明しておきましょう。Congratulations.は、「努力して目標を達成したり、成功を得たりした人に対する祝いの言葉」が定義のため、新婦に言うと、努力して彼を射止めたニュアンスになって失礼だというわけです。ですが、現代では新婦にもCongratulations.と言う人が増えています。定義にこだわらず、Congratulations.を祝いの言葉として使うようになったということですね。私はアメリカで何度か結婚式に出席しましたが、新婦にCongratulations.と声をかけている人をたくさん見かけました。ただし、年配の人には、I wish you every happiness in the future.(どうぞお幸せに)などの言葉を好む人が多いようです。
 それから、My hobby is shopping.は、あまり好ましくありません。日本語の「趣味」は陶芸のような専門的なことからショッピングのような日常的なことまで含みますが、英語のhobbyはある程度専門的な知識や技術を必要とすることに用いるのが一般的です。読書やスポーツなど、定期的にすることに使うこともできます。ショッピングやテレビを見ることなど、暇つぶし感覚や娯楽ですることにはhobbyという言葉を用いずに、I enjoy shopping.やI like going shopping on the weekend.など、enjoyやlikeを使って表現するのが自然です。

前回の質問は……

I'm sorry.とExcuse me.はどう違う? ほか


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録