HOME > 英会話 > 石原真弓先生の英会話質問箱 > Whyで始まる疑問文の文末のイントネーションを上げたら、ニュアンスが変わる?

執筆 石原真弓

Whyで始まる疑問文の文末のイントネーションを上げたら、ニュアンスが変わる?

学校で「Why~?やHow~?の疑問文は文末のイントネーションを下げて発音する」と習いましたが、疑問文だと思うとつい文末を上げて言ってしまいます。文末を上げるか下げるかで、ニュアンスに違いが出てきますか。
(岡山県・ろみさん)

イントネーションを上げても、ニュアンスは変わりません

疑問文は、Yes/Noで答えられる質問は文末を上げて、WhyやHow、Whereなどの疑問詞で始まる質問は文末を下げて発音するのが基本ルールです。例えば、Do you like dogs?(犬は好きですか)などは上がり口調に、How old are you?(おいくつですか)などは下がり口調にします。でも、Howなどの疑問詞で始まる質問を上がり口調で発音したからといって、ニュアンスが変わったり、誤解を招いたりするようなことはありません。実際、感情の込め方によっては、本来とは異なるイントネーションで尋ねるネイティブスピーカーもいるくらいです。
 ただし、中にはイントネーションでニュアンスが異なる表現もあります。例えば、Really?は上がり口調で言うと「えっ、本当に?」と驚いた感じになりますが、下がり口調だと「へえ、そうなんだ」となり、驚きの度合いが低くなります。また、付加疑問は、下がり口調だと相手の同意を求めている感じに、上がり口調だと実際に質問している感じになります。例えば、It's a nice day, isn't it? (いい天気ですね)はisn't it?を下げて言います。相手に「そうですね」という答えを期待しているからです。一方、Hiroshi is single, isn't he?は、「ヒロシは独身ですよね?」という意味ならisn't he?を上げて言います。ヒロシが独身か否かを知りたくて質問しているからです。

前回の質問は……

「~してしまった」は、英語でどう表現すればいい?


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録