HOME > 英会話 > 石原真弓先生の英会話質問箱 > 「面倒くさい」を自然な英語でどう言いますか?

執筆 石原真弓

「面倒くさい」を自然な英語でどう言いますか?

「面倒くさい」を辞書で引くとtroublesomeとありますが、「あー、面倒くさいな」とか「それは面倒くさかった」などと言いたい場合はどう表現しますか?
(福岡県 jricoさん)

It's a bother. や It's a hassle.がぴったりです

「面倒な」を表す単語の1つにtroublesomeがあります。これは、That problem is troublesome.(その問題は面倒だ[=やっかいだ])や、He's a troublesome student.(彼は面倒な[=手のかかる]生徒だ)のように使います。どちらかというと、少々かしこまった響きのある単語です。

ご質問の「あー、面倒くさいな」は、It's a bother. や It's a hassle.とするのがネイティブ的です。What a bother! や What a hassle! のように言うこともできます。bother、hassleはいずれも「やっかいな仕事(もの)」という意味で、日常よく使われます。「それは面倒くさかった」と言いたいなら、It was a bother. / It was a hassle. / What a bother it was! / What a hassle it was! とすればOKです。

「~するのは面倒くさい」と具体的に表すときは、It's too much bother to + do. を使って、It's too much bother to do the report.(報告書を書くのは面倒くさい)のように表しましょう。また、「面倒くさがって~しない」と言いたいなら、too lazy to+doが便利です。She's too lazy to do the dishes.(彼女は面倒くさがって皿洗いをしない)という具合です。状況に応じて使い分けてみてくださいね。

前回の質問は……

“I can.”と “I can't.”の聞き分けと発音のコツを教えて


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録