HOME > 英会話 > 石原真弓先生の英会話質問箱 > 「the way+S+V」(~の仕方)を解説してください!

執筆 石原真弓

「the way+S+V」(~の仕方)を解説してください!

先日、「~の仕方」を表す表現で、「the way+S(主語)+V(述語)」という形を知ったのですが(例えば、the way you thinkなど)、文法的な面でいまひとつ理解できていません。関係代名詞が省略されているということでしょうか? ほかにも同じような意味で使う表現があれば教えてください。
(海外 macoさん)

関係代名詞thatが省略されています。意味的には「how+S(主語)+V(述語) = the way (that)+S(主語)+V(述語)」です

the way you think(あなたの考え方)などに見られる「the way+S(主語)+V(述語)」のパターンは「~の仕方」という意味で、「the way (that)+S(主語)+V(述語)」の関係代名詞thatが省略された形です。さらに言うと、これは「how+主語+動詞」という形をとる関係副詞がもとの形でした。つまり、「how+S(主語)+V(述語) = the way (that)+S(主語)+V(述語)」ということですね。最近では、how ~よりthe way ~の方が主流になってきているので、the way ~を覚えておくとよいでしょう。

このパターンでは、the way he talks(彼の話し方)、the way she dresses(彼女のファッション)、the way you look at things(あなたの物事のとらえ方)などもよく使われます。

似たパターンとして、「the place (that) +S(主語)+V(述語) = where+S(主語)+V(述語)」もあります。これは、「~の場所」という意味です。どちらかというと、後者の方がよく使われます。where you live(あなたが住んでいるところ)、where he works(彼の勤務地)という具合です。こちらも一緒に覚えておいてくださいね。

前回の質問は……

特に話すことがないときのよい返事表現は?


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録