HOME > 英会話 > 石原真弓先生の英会話質問箱 > 日付は前置詞のatとonをどう使い分けますか?

執筆 石原真弓
日付の前置詞、atとonの使い分けについて。最近まで、at 31/03/2011のように使ってきましたが、on Jul 19, 2011 という表記を見つけました。どう使い分ければよいでしょうか?また、We will reimburse you on 11 Feb 11. は正しいのでしょうか?
(海外 noriさん)

日付には、必ずonを使います

まずは、日付に関する前置詞から説明します。日付には、必ずonを使います。at 31/03/2011のようにatを用いることはありません。on Monday(月曜日に)、on May 10(5月10日に)、on the 11(11日に)、on Children’s Day(こどもの日に)など、「日」を表す場合はすべてonを用いると覚えておきましょう。atは、at 9:30(9時30分に)やat noon(正午に)など、主に「時刻」を表す場合に用います。ちなみに、「月」や「年」、「季節」にはinを用います。

次に、日付の表し方ですが、アメリカ英語では「月日, 年」、イギリス英語では「日月,年」の順で表します。従って、31/03/2011はイギリス英語式で、2011年3月31日を指しています。一方、Jul 19, 2011はアメリカ英語式で、2011年7月19日のことです。また、May,、June、Julyはつづりが短いため、July 19, 2011のように「月」を短縮しないのが正式です。February → Feb.やNovember → Nov.のように短縮した場合は、ピリオドを添えるのが基本ルールであることも覚えておきましょう。

We will reimburse you on 11 Feb 11.は「2011年2月11日に返金(返済)いたします」という意味ですが、「11 Feb 11.」は適切な表現とは言えないですね。’90(90年代)のように年代を指す場合を除き、西暦は短縮しない方がよいでしょう。ビジネス文書なら、誤解を招かないようFebruary 11, 2011 や11 February, 2011 と書くことをお勧めします。

前回の質問は……

He asked me to stay here.は二通りの意味が考えられませんか?


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録