HOME > 英会話 > 石原真弓先生の英会話質問箱 > 会話力と文法力を兼ね備えるには?

執筆 石原真弓
8/10 Up

会話力と文法力を兼ね備えるには?

帰国子女で英語をネイティブスピーカーのように使いこなせる人はいるし、(日本で英語教育を受けた人で)英文法を理解している人はいますが、石原先生のように、両方を兼ね備えている人、ネイティブスピーカーの話す英語を文法できっちり説明できる人は少ないと思います。私は両方とも中途半端なのですが、大人になってから、特に英文法の力を強化するには、どんな勉強法、教材があるでしょうか。
(海外 まこさん)

ネイティブスピーカーの英語をまねて文法書で理解を深めましょう

うれしいお言葉をありがとうございます。

英文法の力を強化するには、やはり、文法書を読むのが一番だと思います。といっても、何でも良いわけではなく、自分の知りたい項目が載っている本、説明を読んで理解できるレベルのものを選ぶことが大切ですね。

私の場合、留学時代は常にネイティブスピーカーの英語に耳を傾け、「これは使える」と思った表現は、まねして使うように心掛けました。感覚的に理解していたので、勘違いも多々ありましたが……。“感覚的”から“自信を持って”使えるようになったのは、文法を勉強し直してからのことです。例えば、感想を表すときネイティブスピーカーはよく、I found it interesting.(興味深いと感じた)と表現していました。「find=見付ける」と覚えていた私にはこの表現がとても新鮮で、It was hard.の代わりにI found it hard.(難しいと思った)と言ってみたり、He was nice.(彼はいい人だった)の代わりにI found him nice.と言ってみたりして、ネイティブ表現を積極的に取り入れるようにしました。そのときはなんとなく使っていたのですが、帰国して読んだ中学・高校で習う英文法が解説された本に「find ~ A(~をAだと感じる)」とあるのを見て、文の成り立ちに合点がいったものです。

他に、問題集などを利用して、自分の文法力を試すのも手です。間違えたところは、解説を読んでしっかりと理解しましょう。文法を分かりやすく説明したサイトも数多くあるので、インターネットを利用するのもいいですね。ちなみに、本サイトにも文法学習に役立つコンテンツがあります。こちらものぞいてみてはいかがでしょうか。

文法は大切ですが、文法に気を取られ過ぎて会話が楽しめなくなるのは本末転倒です。また、やみくもに(レベルの合っていない)文法書を読んでも頭に残らないこともあります。せっかく海外にいらっしゃるのですから、ネイティブスピーカーの英語に耳を傾け、体で感じる英語感覚も大切にしてください。その中で、気になった文法は徹底的に勉強して理解を深めていくとよいのではないでしょうか。

前回の質問は……

Who を主語にした疑問文の作り方は?


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録