HOME > 英会話 > 石原真弓先生の英会話質問箱 > 「It can be ...」はポジティブな表現ですか? ネガティブな表現ですか?

執筆 石原真弓
8/1 Up

「It can be ...」はポジティブな表現ですか? ネガティブな表現ですか?

「It can be ...」という表現がありますが、イギリス人の先生は、主にネガティブな表現に使うと言っていました。アメリカ人の先生は、ポジティブでもネガティブでもどちらにも使うと言っていました。どちらが正しいのでしょうか?
(千葉県 ミチコさん)

用法は地域や個人により変わります

It can be .../ It can't be ...の用法については地域や個人による差があり、どちらが正しいということはないと思います。私はアメリカで英語を習得したので、個人的には、アメリカ人の先生と同じく、It can be .../ It can't be ...のいずれも使うというご意見に賛成です。以下、アメリカ英語の視点で解説しますね。

このcanは可能性を表します。can be ~は「~という可能性はある」、can't be ~は「~という可能性はない」という意味になります。特に否定文では、驚きや疑問を強調することが多く、「~のはずがない」「まさか~だなんてあり得ない」といったニュアンスになることもあります。この場合、会話ではcan'tを強く言います。

例えば、It can be a real diamond.は「それが本物のダイヤモンドという可能性はある」が直訳で、「それは本物のダイヤモンドかもしれない」というニュアンスです。いっぽう、It can't be a real diamond.は「それが本物のダイヤモンドという可能性はない」が直訳で、「それは本物のダイヤモンドであるはずがない」というニュアンスです。

このように、肯定文は「~かもしれない」という控えめな考えを、否定文は「~のはずがない」と自信を持って考えを述べるときに使います。

前回の質問は……

「どういう意味?」と聞くには何と言えばいいですか?


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録