HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『HEROES/ヒーローズ(2006-2010)』

執筆 まつだあいこ
『HEROES/ヒーローズ(2006-2010)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

細胞の再生、空中飛行、未来予知、テレパシー、テレキネシス、そして時空間移動……。世界各地で、ごく平凡な人たちに、さまざまな超能力が目覚め始める。そんな中に現れた、能力を奪う殺人鬼。そして予知されたニューヨークの大爆発。超能力を恐れる者、運命を感じる者、悪用する者たちが複雑に絡み合うSFドラマ。

HEROES / ヒーローズ DVD-BOX 1
販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
get cold feet
フレーズ活用度:★★★

セリフ抜粋


Angela: I'm not talking about the election. Linderman called me. He said you're getting cold feet.

アンジェラ:選挙のことを言ってるんじゃないわ。リンダーマンが連絡してきたの。彼はあなたがおじけづいてるって。


解説


第21話より。選挙を間近に控えた政治家ネイサン・ペトレリを訪ねた、母アンジェラのセリフから。get または have cold feet は、「おじけづく」「しりごみする」「逃げ腰になる」という意味の口語イディオム。cold feet は、いざというときに足がすくむ、気力を失う、ちゅうちょしてしまう、勇気が出ないという状態を表す。結婚を控えた人の不安な心理状態、いわゆる“マリッジブルー”を表すのに使われることも多い。『24 -TWENTY FOUR- シーズンⅤ』(01-)第3話、『BONES -骨は語る-』(05-) 第7話には、has cold feet という形で登場している。get one's feet wet だと、「参加する」「やってみる」という意味。


こんなふうに使ってみよう


Jonathan: Maybe I am just getting cold feet.
(ジョナサン: たぶん俺、マリッジブルーなんだよ)
『セレンディピティ』(01)より


あいこのつぶやき


主要登場人物の中に日本人が出てくる海外ドラマとして、注目せずにはいられない本作。しかし、やはり海外で描かれる日本は、例えば電車のつり革のサイズなど、ズッコケるセッティングが多くあります。また、“ヒロ”はともかく、日本語を特訓してこの役に挑んでいるアジア系俳優が演じる“アンドウ(筆者は安藤だと思っていましたが、これは苗字ではなく名前)くん”は、魅力的ながら、その発音にはいつもハラハラ。日本のOLから転身して女優になったという中村佐恵美さんがヒロのお姉さん役で出てきたときには、かなり耳がホッとしました。


Get out of my way.

白い犬とワルツを(1993)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録