HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!(2002)』

執筆 まつだあいこ
『WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!(2002)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

FBIニューヨーク支局・失踪(しっそう)者捜索班の活躍を描いたサスペンス・ドラマ。手がかりなく48時間が過ぎると生存率が低くなるという失踪者の捜索。事件や事故に巻き込まれる者、自らの意思でいなくなる者。さまざまな理由でこつ然と姿を消した人々の行方を、ジャック・マローン率いる捜査官たちがスピーディに追う。

WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!〈ファースト・シーズン〉コレクターズ・ボックス
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
Oh, please.
フレーズ活用度:★★★★★

セリフ抜粋


VIVIAN: Oh, please.
ヴィヴィアン:もう、ばかばかしい。


解説


人気アイドルの失踪事件を扱った、第3シーズンの15話より。ファンの熱狂ぶりが理解しがたい捜査官のヴィヴィアンは、彼女の人気にあやかり出版されたというメイクアップ指南本を見て、あきれ顔でつぶやく。 pleaseだけで、「いい加減にして」「もうウンザリ」「これ以上は聞いていられない」といった心理を表す。 この際、Oh はたいていセットで使われ、目を上に向ける、顔をしかめるなどの露骨なジェスチャーを伴うことが多い。同様のフレーズは、『フレンズ』(94-04)第8シーズン 第19話、『ロスト・ワールド』(97)、『アメリカン・ギャングスター』(07)など、多数の作品に登場。なおこのフレーズは、伴うジェスチャーなどはもちろん変わるが、「どうかお願い」「ぜひそうして」「どうぞどうぞ」といった意味でも使うことができる。


こんなふうに使ってみよう


Ally: Oh, please! He's the best one at what?
(アリー:ちょっと、やめてよ!  彼のどこがやり手ですって?)

『アリー my Love 3』第17話より


あいこのつぶやき


科学捜査班の視点で犯罪に切り込む『CSI』シリーズ、迷宮入り事件を扱う『コールドケース』とともに、2000年以降、ジェリー・ブラッカイマーが制作したヒットドラマの一つである本作は、吹き替え版に注目です。主人公ジャックの声を演じるのは、アニメ『あしたのジョー』の主人公ジョー役が懐かしい、俳優のあおい輝彦さん。さらに第1シーズンでは、捜査官の一人に関西弁が取り入れられています(第2シーズンからは標準語)。ちなみにその関西弁を披露しているのは『24』シリーズのジャック役でおなじみの小山力也さん。


That will do.

ONCE ダブリンの街角で(2006)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録