HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007)』

執筆 まつだあいこ
『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」をヒントに生み出された、アクション・アドベンチャー第3弾。世界制覇をたくらむベケット卿に自由を奪われつつある海賊たちは、伝説の9人を集めてそれに立ち向かおうとする。しかし、この9人のひとりには、行方不明となった、カリブの海賊ジャック・スパロウ が含まれており……。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
販売元:ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
Not likely.
フレーズ活用度:★★★

セリフ抜粋


Captain Chevalle: There has not been a king since the first brethren court, and that is not likely to change!
Captain Teague: Not likely.

シュヴァル船長:最初の評議会以来、王はいない。それは今後も変わるはずがない。
ティーグ・スパロウ船長:ないだろうな


解説


9人の伝説の海賊が集まった評議会にて。海賊王を決定する際には投票でというおきてだが、これまで全員が自分に投票していたという話に触れるシーンから。Not likely. は、「たぶん違う」「ダメなようだ」などの意味の会話フレーズ。言い方や場面によっては、「とんでもない」といった強い否定を表す。これに対し、「そうだろう」は、likely 単体ではなく、 Very likely. が使われる。可能性を表す語には、確率的に8割強の probably、4~5割程度の perhaps や maybe、2割くらいの possibly があるが、likely は、ほぼ7割前後に位置する。Not likely. のみのセリフは、『三銃士』(93)などに登場。『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(07)には、強い否定の、Not bloody likely! がある。Most likely だと「十中八九」。


こんなふうに使ってみよう


Captain Jocard: Who is this traitor?
Barbossa: Not likely one among us.
(ジョカルド船長:裏切り者はどいつだ? 
バルボッサ:ここにいる奴ということはないだろう

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』(07)より


あいこのつぶやき


本作以外で「海賊」が出てくる物語といえば、『小さなバイキング ビッケ』や『宝島』、『宇宙海賊キャプテン ハーロック』、あるいは『ONE PIECE』でしょうか。しかし、筆者が最もピンとくるのは、子供のころから愛用している「黒ひげ危機一発」。短剣を突き刺し、たるに入った海賊がいつ飛び出すかハラハラしながら遊ぶおもちゃです。先日は、ジャック・スパロウが飛び出すミニチュア版を入手しました。ちなみに、この「黒ひげ」は、このジャックのイメージのヒントにもなった、実在のカリブの海賊のあだ名だそうです。


Leave it to me.

ジャンパー(2008)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録