HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『プラネット・テラー in グラインドハウス(2007)』

執筆 まつだあいこ
『プラネット・テラー in グラインドハウス(2007)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

テキサスのある町で、生物兵器の感染者がゾンビ化して人々を襲い始めた。元恋人のレイと再会したゴーゴーダンサーのチェリーは、ゾンビに片足を食いちぎられながらも、レイをはじめ、生存者たちと力を合わせ、戦う決意をするが……。2本立てホラー・アクション映画『グラインドハウス』の1編を再編集した作品。

グラインドハウス コンプリートBOX 【初回限定生産】
販売元:ジェネオン エンタテインメント

Period.
フレーズ活用度:★★★

セリフ抜粋


Doc Felix: All abcess's should be drained. Period.

フェリックス医師:膿瘍から膿を全部出す。以上だ。


解説


舌がひどく膿んだ患者を診察する医師に、その隣にいた別の医師が言ったセリフから。“.(ピリオド)”は、日本語の“。(句点)”にあたる、文章の終わりを示す符号。これを言葉に出すと、「それだけだ」「終わりだ」「打ち切りだ」といった意味を表すことができる。日本語では句点を「マル」と言うことにより、発言の終了を強調することがあるが、 Period.は、会話を断ち切る強いニュアンスを持つ。「答えはもう変わらない」という場面などでよく用いられ、End of discussion.(この会話はおしまい)、No more questions.(もう質問はナシ)などの後に、ダメ押しとして付け加えると効果がある。同意表現に That's it. など。That's it. に Period. を連続させることもある。 Period. は、ほかに『007 ゴールドフィンガー』(64)、『ムーンライトマイル』(02)などに登場。


こんなふうに使ってみよう


Sam: I'm not gonna let you die. Period.
(サム:兄貴を決して死なせない。それだけだ

『スーパーナチュラル』(2005-) シーズン1第12話より


あいこのつぶやき


つじつまが合わなかろうが、話が飛ぼうが、問題が解決しなかろうがいいじゃない。とことんグロく、セクシーに。でも時にちょっと切なく。だってそれがB級ホラーだから。それがグラインドハウスだから。そう言いたくなる本作の脇役に、マイケル・ビーンが含まれていることは、特筆すべき点かもしれません。低予算だった『ターミネーター』(84)で注目され、『アビス』(89)、『ザ・ロック』(96)など、戦って散る男の役が印象的な彼。今回も戦って散っております。しかも、今回の主人公がたどる道は、けっこうサラ・コナー度が高い気が……。


You got me.

大いなる陰謀(2007)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録