HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『コール(2002)』

執筆 まつだあいこ
『コール(2002)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

3人家族を別々に監禁することで身代金強奪を成功させてきた3人組の誘拐犯。彼らの次の標的は麻酔医ウィルの家族。その日、ジョーと名乗る男がウィルの妻の前に現れ、6歳の娘を連れ出したことを告げる。ウィルは出張先に足止めされていた。しかし、今回の犯行計画には誤算があった。娘が重度の喘息を患っていたのだ。

『コール』[DVD]
販売元: アートポート
We've got company.
フレーズ活用度:★★★★

セリフ抜粋


Joe: We've got company.
Karen: You are being paranoid.
ジョー:追っ手(警察)が来た
カレン:考えすぎよ。


解説


「誰か来た」「お客さんだ」「追っ手だ」という訳が多いフレーズ。予測していなかった人、来てほしくなかった人が現れた場面でよく登場する。本作では、人質のウィルの妻に銀行から金を引き出す手続きをさせた後、誘拐犯のジョーが移動中の車の上に現れたヘリコプターを見て言っている。ジョーは犯行中なので、「警察が来た」という含みなのが分かる。字幕は「サツが来た」。ここでの company は「会社」ではなく、ひとりに対しても、大勢に対しても「(広意で)客」として使う無冠詞の語。"He has company."なら「彼は来客中だ」。『ターミネーター2』(91)にあるこのセリフのあとには、「警察?」「何人?」と、より具体的にする質問が続いている。『シュレック2』(04)にも登場。現在完了形だが、have は省略して発音されることも多い。


こんなふうに使ってみよう


Sheriff: You've got company?(保管官:客がいるのか?)
『24 -TWENTY FOUR- シーズンII』(02~03)第13話より


あいこのつぶやき


本作の原題は Trapped 。原作小説名でもある初期原題 24hours は、一足先にドラマ『24 - TWENTY FOUR』が人気だったのでやめたとか。邦題は電話連絡が重要なことからついたようですが、筆者は「できるだけ原題和訳」派。カタカナ邦題の字面は軽い連想ばかりしてしまうので苦手です。最近もホラー The Forgotten (04)邦題『フォーガットン』はコメディ、アクション Unleashed(05)邦題『ダニー・ザ・ドッグ』は『ハワード・ザ・ダック』(86)のパロディかと思いました。※ただし、"Danny the Dog"は仏版の原題名です。


Not at all

コールドマウンテン(2003)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録