HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち(2003)』

執筆 まつだあいこ
『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち(2003)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

時はヨーロッパ人の植民活動が盛んだった大航海時代。舞台はカリブ海の港町。総督の娘エリザベスは、子どもの頃に海で助けた青年ウィルが持っていた謎の金貨を隠していたために、それを狙う海賊に連れ去られる。彼女に思いを寄せるウィルは、ひょんなことで出会った海賊ジャック・スパロウの助けを得て救出に向かう。

『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション 』[DVD]
販売元: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
(C)Disney Enterprises, Inc. & Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.
Savvy?
フレーズ活用度:★★★

セリフ抜粋


Jack: I can't bring this ship into Tortuga all by me onesy*, savvy?
ジャック:ひとりではこの船でトルトゥーガまで行けない、お分かり


解説


"Do you understand?" と同じ意味だが、「分かるか?」よりは、「お分かり?」という気取ったニュアンスがぴったりのインフォーマルな俗語表現。本作ではジャック・スパロウの口癖として何度か登場しているが、字幕ではほとんど訳出はない。語源はペイン語の sabe(saber「知る」の三人称単数現在形)。"No savvy"で「分からない」。このフレーズは、ジャック・スパロウ役のジョニー・デップが『レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード』で演じたCIA捜査官サンズのセリフにも登場している。名詞としては「知識、勘」、形容詞としては「精通した」といった意味で用いられる語でもある。類似表現に"Is that clear?"。
*by me onesy(onesie) =ここではby myself の意。


こんなふうに使ってみよう


Ike Clanton: Law don't go around here. Savvy?(このあたりじゃ法は通用しない、お分かりか?)
『トウームストン』より


あいこのつぶやき


本作はご存じ、ディズニーランドの人気アトラクション「カリブの海賊」をモチーフに作られた映画。筆者も東京ディズニーランドには何度か足を運びましたが、このアトラクションがいちばんお気に入りだったので、トルトゥーガの町並みの再現は大満足でした。今年2月にクランクイン予定の続編には、ギタリストのキース・リチャーズも出るようで、楽しみです。映画化第1弾の『カントリー・ベアーズ』、第3弾『ホーンテッド・マンション』は続編の噂がないですね。


cut it out

スクール・オブ・ロック(2003)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録