HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『2012(2009)』

執筆 まつだあいこ
『2012(2009)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

マヤ暦による2012年終末説を基に、世界規模の天変地異に翻弄されながらも生き延びようとする人類の姿を描く。別れた妻と暮らす子どもたちと一緒にイエローストン国立公園を訪れ、偶然にも地球の異変に気付いた作家のジャクソン。彼は元妻たちを連れ出し、大規模災害を逃れるために造られたという巨大船のある場所を目指すが……。

2012
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
Hang on.
フレーズ活用度:★★★★★

セリフ抜粋


Jackson: Everybody, hang on!
ジャクソン:みんな、つかまれ!


解説


大地震が街を襲う。元妻と子どもたち、元妻の交際相手を乗せ、次々と現れる落下物や障害物を避けながら、必死に車を走らせていたジャクソンが、隆起した道路を乗り越えるときに言った言葉から。Hang on. は「しがみついていろ」、「手を離すな」といった意味の定番口語フレーズ。本作のような災害を扱う映画など、危険が多いシーンでよく使われる。このフレーズが聞けるのはほかに『スター・ウォーズ』(77)、『ホテル・ルワンダ』(04)、『ベスト・キッド2』(86)など。類似表現はHold on.で、本作にも多数登場している。両フレーズとも「しっかりつかまれ」と強調するなら、onの後に tight をつける。なお、両フレーズは、「ちょっと待って」という意味でも使える。


こんなふうに使ってみよう


Gordon: Hang on!(ゴードン:つかまって!
『2012』(09)より


あいこのつぶやき


竜巻を扱った『ツイスター』(96)をはじめ、『ボルケーノ』(97)、『タンテズ・ピーク』(97)(火山噴火)、『ディープ・インパクト』(98)、『アルマゲドン』(98)(いん石落下)など、CG 技術の進歩によって、90年以降は自然災害の描写をダイナミックに取り入れた作品を多く見かけるようになりました。本作は、地球温暖化による氷河期到来の映像が話題を呼んだ『デイ・アフター・トゥモロー』(04)と同じ監督の作品ですが、災害映像の迫力も、主人公の強運具合も、もうこれ以上はムリというほどパワーアップしています。


be expecting someone

キング・コーン ~世界を作る魔法の一粒(2007)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録