HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『マトリックス・レボリューションズ(2004)』

執筆 まつだあいこ
『マトリックス・レボリューションズ(2004)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

ネオはある日、それまでいた世界が「機械が人間を電池として利用するための仮想現実」であり、自分は「人間の尊厳を回復するための救世主」であることを知る。こうして、現状を終わらせるために始まった機械VS人間の戦い。その行方は、限られた時間でのネオの選択、そして互いの持つ未知数要素が鍵を握っていた。SF3部作の完結編。

『マトリックス・レボリューションズ』[DVD]
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
It can't be.
フレーズ活用度:★★★★★

セリフ抜粋


Neo: No.
Bane: Oh yes, Mr. Anderson.
Neo: It can't be.
Bane: There's nowhere I can't go, there's nowhere I won't find you.
Neo: It's impossible.
Bane: Not impossible.

ネオ:うそだ。
ベイン:本当だよ、アンダーソン君。
ネオ:ありえない
ベイン:俺が行けない所はない。君が見つからない場所などないんだ。
ネオ:不可能だ。
ベイン:不可能じゃない。


解説


ネオが現実世界で、超人的な能力を発揮し始めた頃、マトリックス(仮想現実)内の宿敵プログラム、スミスも脅威の進化を遂げていた。この会話は、人間のベインに憑依し、現実世界に侵入するという離れ業をやってのけたスミスに、ネオが驚いた時のもの。前後のやりとりも「ありえない」「ありえる」繰り返しであることから、ネオの驚きの程が伺える。物事が存在しえない時に使うフレーズ。「起きるわけがない」なら"It can't be happening."、「できてしまうわけがない」は"It can't be done."。『マトリックス』(99)では、自分は救世主ではないと否定するネオに、トリニティが"It can't be true.(それは事実のはずがない)"と言っている。類似表現に"No way"など。「君はふざけてるのか」という意味の"You are kidding."や"You can't be serious."でも代用できる。
※「アンダーソン」はネオがマトリックス内にいた時の名前。


こんなふうに使ってみよう


Marty: It's me. It's Marty. Doc: No, it can't be. I just sent you back to the future!
(マーティ:僕だよ、マーティだ。ドク:そんな、ありえない。今、未来へ送り返したばかりだぞ!)
『バック・トゥ・ザ・フューチャー パート2』(89)より


あいこのつぶやき


ヒットはしたものの2、3作目の展開は賛否両論の本シリーズ。筆者は1作目には惚れこんでいたものの2、3作目で落ちこぼれたクチです。1作目にある「不思議の国のアリス」「オズの魔法使」などの引用、『燃えよドラゴン』(73)『ベスト・キッド』(84)を髣髴とさせる格闘シーンといった、分かりやすい面白さが少ないように感じたせいもあります。ニヤリとできたのは、2作目では『スーパーマン』(78)のポーズで飛ぶネオと「(ネオが)スーパーマンしてる」というセリフ、3作目では『風の谷のナウシカ』(84)に似た、ネオが機械の触手のようなものに支えられるシーンくらいでした。


That's the whole point.

華氏911(2004)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録