HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『最後の恋のはじめ方(2005)』

執筆 まつだあいこ
『最後の恋のはじめ方(2005)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

恋愛下手な男たちのコンサルティングを生業としている“デート・ドクター”ヒッチンス。美人の富豪セレブ、アレグラの気を引こうと必死になっている小太りのサラリーマン、アルバートに日々アドバイスを重ねている。ところが、このセレブを追うゴシップ雑誌の記者、サラに恋をしたヒッチンスは、自分でもうまく立ち回れず、もどかしい思いが続く。

最後の恋のはじめ方 コレクターズエディション
販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
do one's homework
フレーズ活用度:★★★★

セリフ抜粋


Allegra: Well, you really did your homework.
アレグラ:つまり、かなり調べたのね。


解説


心を許したアルバートが、風評を流されたヒッチンスの顧客と知った失意の富豪セレブ、アレグラ。彼女は、愛しいと感じた彼の行動すべてが、私生活を調べ上げた他人の入れ知恵によるものと思い込み、翻弄(ほんろう)された怒りをヒッチンスにぶつける。 homework は学生の「宿題」に限らず自宅での学習や仕事を表す語。そのため、 do homeworkは「宿題をする」だけでなく、「リサーチする」「準備する」などの意味で社会人の会話にもよく登場する。「よく調べたね」と驚きを表すときには、reallyを入れる抜粋セリフのような形のほかに、 You've done your homework.と現在完了形でゆっくりめに言っても同様のニュアンスを出せる。このフレーズが聞ける作品はほかに『ウォール街』(87)、『CODE46』(03)、『インソムニア』(02)など。


こんなふうに使ってみよう


Joyce: You did your homework.
(ジョイス:調べたものね)
『ブラック・レイン』(89)より


あいこのつぶやき


本作の印象的な場面のひとつに、主人公が食物アレルギーを起こすくだりがあります。実際にあそこまでひどい症状なら病院に行くべきでしょうが、劇中で彼は薬局に駆け込み、Benadrylを探します。これはアメリカで売っている定番の抗アレルギー薬なので、知っておくと便利です(ただし、映画の描写をうのみにせず、用法、用量は守ってください)。そういえば、本作の登場人物名と同じAllegraという名の薬も定番です(もともとはイタリア系の女性名)。定番銘柄をもうひとつ挙げるならClarityne。どれも処方箋なしで手に入ります。


Back off.

奇跡のシンフォニー(2007)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録