HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『RED/レッド(2010)』

執筆 まつだあいこ
『RED/レッド(2010)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

アメリカン・コミックの映画化。静かな引退生活を送っていたすご腕の元CIAエージェント、フランクはある夜、自宅を襲撃された。なぜ自分は消されようとしているのか。思いを寄せる役所勤めの女性を巻き込み、追っ手から逃れながら、フランクは当時の仲間たちを集めて背後に隠された陰謀を探る。

RED/レッド [DVD]
発売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン
Tell me about it.
フレーズ活用度:★★★★

セリフ抜粋


Victoria: I just can’t stop.
Frank: Yeah, tell me about it.
ヴィクトリア:とにかく、やめられないの。
フランク: ああ、分かるよ。


解説


追跡から逃れる際に負傷したフランクが訪ねたのは、かつての仲間の一人、ヴィクトリアの住まい。フレーズは、一見、穏やかな生活を楽しんでいるように見えて、実は昔の仕事を今もやめられないと言う彼女に、フランクが返したセリフから。このフレーズは「それについて教えて」と訳せるが、ここでは「聞かなくても分かっている」と皮肉めいて理解を示す意味を持っている。相手の発言に対して「そうでしょうとも」「だろうね」「まったくだ」などと返すときに使う定番。このフレーズは『トランスポーター2』(05)、『ダイ・ハード3』(95)、『ゴールデンボーイ』(98)、『デイ・アフター・トゥモロー』(04)、『ジョーイ』(04-05)シーズン1第3話、『恋するベーカリー』(09)、『フレンズ』(94-04)シーズン2第18話他、多くの作品で耳にできる。


こんなふうに使ってみよう


Meg: It's disgusting how much I love you.(ウンザリするほど愛してる)
Sarah: Tell me about it.(サラ:分かってる
『パニック・ルーム』(02)より


あいこのつぶやき


ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレンという最強チームにメアリー=ルイーズ・パーカーを加え、悪玉にはリチャード・ドレイファスと、とんでもなく豪華なキャストの中、きびきびと主人公を追い詰める若手エージェントを演じたのがカール・アーバン。本作では先に出演した「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズとはひと味違った魅力でさらに人気を得たようです。彼は、ラッセル・クロウ、サム・ニール、アンナ・パキンらとともに、ニュージーランドを代表する俳優の一人。インタビューなどではKiwi accent(ニュージーランドなまりを示す俗語)が出ています。


Yikes!

CHUCK/チャック(2007-)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録