HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『ヴィクトリア女王 世紀の愛(2009)』

執筆 まつだあいこ
『ヴィクトリア女王 世紀の愛(2009)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

若き日のヴィクトリア女王を描いた伝記映画。19世紀のイギリス。ウィリアム国王のめいで、唯一の王位継承者であるヴィクトリアは、隙あらば自分を駒として利用し、権力を握ろうとする者たちに囲まれうんざりしていた。ヴィクトリアの叔父であるベルギー国王も、おいのアルバートを夫候補として彼女に近づけていたが……。

ヴィクトリア女王 世紀の愛 [DVD]
発売元:Happinet
cut loose
フレーズ活用度:★★★

セリフ抜粋


Lord Melbourne: You don’t think it more dangerous to cut him loose?
メルバーン卿:彼を野放しにすれば、もっと危険だとは思わないのですか?


解説


当時の首相で、ヴィクトリアの指南役でもあったメルバーン卿のセリフから。父亡き後に母と深い仲となり、さらなる権力を狙う個人秘書について、自分のそばにいてほしくないと打ち明けるヴィクトリアに、彼は抜粋セリフのように聞く。cut looseには「逃れる」「自由になる」「縁を切る」「解放する」の他、「羽目を外す」「好き放題にする」の意味もある。このフレーズは、抜粋セリフのように切り離し、間に対象になる人などを入れて使うことが多い。同様のフレーズが見つかるのは、『ベガスの恋に勝つルール』(08)、『HEROES』(06-10)シーズン1第2話、『コンフィデンス』(03)、『BONES 骨は語る』(05-)シーズン5第3話、『コン・エアー』(97)他。stay looseだと「気を静める」、come looseなら「緩む」。


こんなふうに使ってみよう


Staring: I'm going to cut you loose.(スターリング:自由にしてあげる)
『ハンニバル』(01)より


あいこのつぶやき


イギリスが最も栄えたといわれる時期を彩る絢爛(けんらん)豪華な衣装にうっとりしながら本作を観賞しました。白いウエディングドレスや、クリスマスツリーを飾る習慣を広めたという逸話を持つヴィクトリア女王が即位していたのは1837年から1901年の64年間。日本ではこの間に明治維新(1868年~)がありました。1886年にはアメリカに自由の女神像が建ち、1895年には、世界初の映画が作られています。そういえば、イギリスの未解決の猟奇的連続殺人事件として有名な「切り裂きジャック事件」があったのは1888年ごろです。


Tell me about it.

RED/レッド(2010)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録