HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『V[ビジター](1983-1984)』

執筆 まつだあいこ
『V[ビジター](1983-1984)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

ある日、地球各地の大都市にUFOで飛来し、協力関係を提案してきた人類と変わりない姿の「Visitor(来訪者)」たち。しかし、彼らの真の姿は爬虫(はちゅう)類、真の目的は資源を奪い、人間を捕食することだった。これに気付いたテレビカメラマンら「Resistance(抵抗者)」たちは団結し、地球を守るため立ち上がる。

V [ビジター] アンコール DVDコレクターズボックス
発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
go too far
フレーズ活用度:★★★★★

セリフ抜粋


Arthur: This time you've gone too far, Eleanor.
アーサー:今回はやりすぎだぞ、エレノア。


解説


パート4より。レジスタンス軍のリーダー的存在であるテレビカメラマン、マイクの母エレノアはビジターに協力的だ。セリフは、あまりにビジターに肩入れする彼女の姿を見て、憤慨する夫アーサーのセリフから。 go too far は、実際に「遠くへ行く」だけでなく、「度を越す」「行き過ぎる」といった意味がある。主語には人や状況などを入れて使う。このフレーズが登場するのは、『CHUCK/チャック(07-)』シーズン3第12話、 『ジャングル・ブック』(67)、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(99)、『フォーン・ブース』(02)、『シカゴ』(02)、『フェリスはある朝突然に』(86)、『バッド・ボーイズ2バッド』(03)他多数。


こんなふうに使ってみよう


Maroni: This has got out of hand. It's gone too far.(マローニ:手に負えない。行き過ぎだ
『ダークナイト』(08)より


あいこのつぶやき


本作は家庭用ビデオが普及し、レンタルビデオ店が増え始めた80年代に、高い貸し出し回転率をたたき出して話題をさらい、テレビ放送でも高視聴率をマークしたSF作品です。筆者は家族ぐるみでこのドラマにハマりましたが、最も印象が強かった登場人物は、後半のビジターとの戦闘をリードする「戦争屋」ハム・タイラーでした。演じたのはカナダ出身の個性的な俳優マイケル・アイアンサイド。今もわが家では、彼を他の作品で見掛けると“「V」のあの人”と言ってしまいます。


speak of the devil

ビーイング・エリカ(2009-)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録