HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『マリリン 7日間の恋(2011)』

執筆 まつだあいこ
『マリリン 7日間の恋(2011)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

人気絶頂だったマリリン・モンローが、イギリスの名優ローレンス・オリヴィエと共演した映画『王子と踊子』(57)。この映画の撮影中、不安と孤独感で押しつぶされそうになっていたマリリンと心を通わせた、若き助監督がいた。本作は、その助監督コリン・クラーク本人の著作2冊を基に、マリリンと彼の交流を描く。

マリリン 7日間の恋 [DVD]
販売元:角川書店
Surprise!
フレーズ活用度:★★★★

セリフ抜粋


Marilyn: Surprise!
マリリン:驚いたでしょ!


解説


ベテランのイギリス人俳優相手に、役柄の思考を掘り下げ、その感情を追体験する演技法に取り組むマリリンの精神はどんどん不安定になり、遅刻が増えていた。そんな彼女の見張り役を命ぜられた助監督コリンは、次第にマリリンと打ち解けていく。フレーズは、コリンを誘い出して撮影所を抜け出すことに成功したマリリンが、隠れていた場所から出てきた時に口にした言葉。 Surprise! は、いきなり相手の目の前に現れる、本人には秘密で企画したパーティーで、本人がその場に来た瞬間に皆で声を掛けるなど、相手を驚かせる、いわゆる「ドッキリ」場面で使う定番表現。日本語にはうまく当てはまる定番の語がないため、「サプライズ!」とカタカナ語が訳語となっていることも多い。発音は「サプラーイズ」とr の部分を伸ばして強調する。この表現が聞ける作品は他に、『スクリーム』(96)、『ホームアローン』(90)、『F.B.EYE!! 相棒犬リーと女性捜査官スーの感動!事件簿』(02-05)シーズン1 第3話、『マダガスカル』(05)など多数。


こんなふうに使ってみよう


All: Surprise!
Danny: I don't believe this.
全員: ジャジャーン!
ダニー:信じられない
『フルハウス』(87-95)シーズン1 第11話より


あいこのつぶやき


同じ年に『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』で「なりきり鉄の女」を披露したメリル・ストリープにオスカーは持っていかれましたが、本作でのミシェル・ウィリアムズの「なりきりマリリン」ぶりも高く評価されました。「永遠のセックス・シンボル」マリリン・モンローは、エルビス・プレスリーやマイケル・ジャクソンらと並んで、物まねされるセレブの定番です。「なりきり芸人」を主人公とした映画『ミスター・ロンリー』(07)にもマリリンは漏れなく登場しています。筆者がいちばん印象深かったマリリンの物まねは、『レオン』(94)の中で、主人公に助けられる少女役だった当時13歳のナタリー・ポートマンが“Happy birthday, Mr. President”を歌う姿です。
※Happy Birthday Mr. President= 1962年5月、当時の大統領ジョン・F・ケネディの誕生日パーティーでマリリンが披露したバースデー・ソング。


I wouldn't do that if I were you.

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂(2010)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録