HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『モスキート・コースト(1986)』

執筆 まつだあいこ
『モスキート・コースト(1986)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

アメリカ合衆国の社会の方向性を嫌う頑固な発明家アリーは、中米ホンジュラスにある未開の地「モスキート・コースト」の小さな村に妻と子どもたちを連れて移住。家族の戸惑いをよそに理想の村づくりに没頭するが、あるとき、武装侵入者を追い出すため、精魂込めて建設した製氷工場の爆発事故を引き起こしてしまい……。

モスキート・コースト [DVD]
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
What can I do for you?
フレーズ活用度:★★★★★

セリフ抜粋


Allie: What can we do for you, Reverend?
アリー:どんなご用件ですか、牧師さん


解説


ホンジュラスへ布教活動に来ていた牧師がアリーの村を訪ねてきた。フレーズは、ぶっきらぼうに牧師へ掛けた宗教嫌いのアリーのセリフから。「私はあなたに何をしてあげられますか?」と直訳できるこのフレーズは、客に掛ける言葉の定番中の定番。May I help you? や How can I help you? に並んで「いらっしゃいませ」として訳出されることも多い。「何かしましょうか」「お手伝いしましょうか」「どんなご希望ですか」「ご用は何でしょう」「お越しの目的は?」といった意味合いを持つフレーズ。しゃれっ気を出して、 What can I do you for? とyouとforを逆にして言うこともある。このフレーズは『タクシードライバー』(76)、『シャイニング』(80)、『グッド・ウィル・ハンティング / 旅立ち』(97)、『ノーカントリー』(07)、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(08)、『トイ・ストーリー3』(10)他、多数の作品で見つけることができる。


こんなふうに使ってみよう


Jerry: Yeah, what can I do for you, Rod? You just tell me, what can I do for you?
ジェリー:ああ、ロッド、何をすればいい? 何がして欲しいか言ってくれ。
『ザ・エージェント』(96)より


あいこのつぶやき


本作は、すでにスターだったハリソン・フォードと人気上昇中だった16歳のリバー・フェニックスの共演が注目されながら、重いテーマと悲しいラストで興行的には成功しませんでした。しかし、劇中で主人公が日本製品にいら立つシーンもあり、とても印象に残る作品で、いつか取り上げようと思っていました。本作の3年後、ハリソン主演のインディ・ジョーンズ3作目で、リバーは主人公の少年時代を演じ、2人の共演はまた話題に。しかし、リバーはそのわずか4年後に急死。去年は、死後20年の時を経て、当時撮影中だった遺作が再編集され公開されています。


No offence.

アベンジャーズ(2012)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録