HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『シェーン(1953)』

執筆 まつだあいこ
『シェーン(1953)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

1890年代のワイオミング州。流れ者ガンマンのシェーンは、ジョー、妻のマリアン、息子のジョーイという開拓移民一家の世話を受けることになり、彼らと交流を深める。そんな中、ジョーら移民と土地の所有をめぐり敵対する牧畜業者ライカーが殺し屋を雇い、移民の1人を殺害。シェーンは憤るジョーに代わり、ライカーの元へ向かう。

シェーン [DVD]
販売元:ファーストトレーディング
The thing is
フレーズ活用度:★★★★

セリフ抜粋


Joe: The thing is we gotta see Stonewall get a Christian burial, and his wife hear some words of comfort said over her man.
ジョー:要はストーンウォールにキリスト教徒らしい埋葬をしてやって、奥さんには慰めの言葉を掛けてやらなきゃならんってことだ。


解説


ライカーに仲間を殺され、動揺する開拓移民たち。セリフは、殺されたストーンウォールの葬儀にも出ずに土地を捨てようとする仲間に、ジョーが言ったセリフから。The thing isは、 その後に述べられる内容が大事であることを指す。「大事なのは」「言いたいのは」「ここでの問題点は」というニュアンスであり、The important thing is や The key thing is と補って考えると分かりやすい。That's the thing. だと「そこが肝心だ」という意味になる。is と述べたい内容の間にはthat が入るべきところだが、多くの場合省略される。このセリフが聞けるのは他に『羊たちの沈黙』(91)、『グリーンマイル』(99)、『グラディエーター』(00)、『ドニー・ダーコ』(01)、『エターナル・サンシャイン』(04)など。なお、 愉快なあるいは不思議だと思われる内容を述べたいときには、The funny thing isとして続ければよい。ちなみにセリフ内のgottaは got to ~ (~しなくては)を発音的につづった省略形。


こんなふうに使ってみよう


Gibbons: The thing is, Bob, it's not that I'm lazy, it's that I just don't care.
ギボンズ:つまりはな、ボブ、それは僕がだらしないということじゃなく、ただ気にしないということなんだ
『リストラ・マン<未>』(98)より


あいこのつぶやき


過去を語らない流れ者のガンマンが見た、銃のない平穏な暮らしというはかない夢。しかし、彼はいとしい人々を守るため再び銃を手にし、敵を倒すと、栄誉を受けることなく静かに去っていく。壮大なロッキー山脈の麓に広がる美しい土地が舞台の本作は、ラストの解釈が論議を呼び、『交渉人』(98)のセリフにまで登場するほど有名な西部劇です。この物語の奥深さは、先住民から苦労して手に入れた土地を政府の方針で移民に奪われるライカー側の心情や、銃に害はなく、使う人次第としつつも、銃を持てば殺しになり、殺せばまともな暮らしは難しいと言うシェーンの思いを垣間見られる部分にもあるのかもしれません。


What can I do for you?

モスキート・コースト(1986)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録