HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『マイ・ドッグ・スキップ(2000)』

執筆 まつだあいこ
『マイ・ドッグ・スキップ(2000)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

父母に見守られ成長する繊細な少年の姿を描く。1940年代、ミシシッピ州の田舎町に暮らすウィリー少年は、内気で友達が少ない上、体が小さくいじめられがちだった。心配した母親は、息子の9歳の誕生日に子犬をプレゼントする。スキップと名付けられたこの子犬は、予想以上にウィリーとその周りの人々に影響を与えていく。

『マイ・ドッグ・スキップ』 [DVD]
販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
How many times do I have to tell you?
フレーズ活用度:★★★★

セリフ抜粋


Coach: How many times do I have to tell you this is no place for dogs?
監督:ここは犬のいる場所じゃないって何度言ったら分かるんだ?


解説


ウィリーが所属する少年野球チームの試合にて。ベンチでいたずらするスキップを見かねた監督が、ウィリーにうんざりした様子で言ったセリフから。「私は何度君に言わなくちゃならないんだ?」が一番近い意味のこのフレーズは、同じ過ちを繰り返す、懲りない相手に忠告するときの定番表現。「何度言わせれば気が済むんだ?」「同じことを言わせないで」「聞いていなかったの?」「いいかげんにして」といった怒りを表し、片付けをしない子どもを親が叱るシーンなどでよく使われる。具体的な内容をつけるときは、抜粋セリフのようにフレーズの後に続ける。このフレーズが聞ける作品は、『スプラッシュ』(84)、『ジャングル・ジョージ』(97)、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』(01)、『モンスターズ・インク』(01)、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(02)、『フライトプラン』(05)、『ブラザーズ・グリム』(05)他多数。


こんなふうに使ってみよう


Ben : How many times do I have to tell you, John? I always have a plan.
ベン:何度言えば分かるんだ、ジョン 私にはいつも計画があるんだよ。
『LOST』(04-10)シーズン4 第12話より


あいこのつぶやき


本作は、作家ウィリー・モリスの少年時代の愛犬との思い出をつづった自伝小説の映画化です。ナレーションは、俳優としても多くの実績がある、歌手のハリー・コニック・ジュニアでした。それにしてもスキップを演じたジャック・ラッセル・テリアの賢そうなこと! スキップは、長寿ドラマ『そりゃないぜ!? フレイジャー』(93-04)で主人公の飼い犬役を担当した親子がほとんどのシーンを演じています。ジャック・ラッセル・テリアが活躍する作品は他に、『マスク』(94)、『夢見る子犬ウィッシュボーン』(95-98)など。2011年のサイレント映画『アーティスト』の出演でも注目されました。


one's heart goes out to someone

スラップ・ショット(1977)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録