HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『トイ・ストーリー2(1999)』

執筆 まつだあいこ
『トイ・ストーリー2(1999)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

人が見ていないところで生き生きと活動する、おもちゃたちのにぎやかな日常と葛藤を描くフルCGアニメーション作品第2弾。アンディ少年のお気に入りのカウボーイ人形ウッディは、あるとき、おもちゃマニアに盗まれてしまう。ウッディの親友の宇宙ヒーロー人形バズや仲間のおもちゃたちは、すぐさま彼の救出を試みるが……。

『トイ・ストーリー2』スペシャル・エディション[DVD]
販売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
It's just that ~.
フレーズ活用度:★★★★★

セリフ抜粋


Woody: I'm sorry, Bo. It's just that I've been looking forward to this all year.
ウッディ:ごめんよ、ボー。たださ、僕はずっとこれを楽しみにしてたんだよ。


解説


持ち主のアンディとの外出を前に、帽子が見つからず、すっかり取り乱しているウッディ。フレーズは、ウッディが、そんな自分をなだめる羊飼い人形のボーに返したセリフから。It's just that は、because(なぜって)やbut(でも)などに代わり、言い訳、反論をやんわりと伝える、あるいはちょっとした不満を述べる、誤解を解く、誘いを断るために説明を加える、といったときに前置く定番表現。「つまり~なだけなんだ」「実は~な事情があって」「だって~だから」といったニュアンスを出せる。なお、that は省略されることもある。このフレーズが登場するのは、『トイ・ストーリー』(95)、『モンスターズ・インク』(01)、『ファインディング・ニモ』(03)、『スパイダーマン2』(04)、『ハリーポッターと炎のゴブレット』(05)、『JUNO/ジュノ』(07)、『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(09)など多数。


こんなふうに使ってみよう


Tate: It's nothing personal. It's just that she's all alone. And that's not right!
テイト:悪気はないんだ。でも彼女がひとりぼっちだったから。それはよくないよ!
『アメリカン・ホラー・ストーリー』(11- )シーズン1 第12話より


あいこのつぶやき


本作の第1弾は、劇場公開の長編映画としては初のフルCGアニメ作品として注目を集めました。第2弾の本作、完結編とされる『トイ・ストーリー3』(10)も大ヒットし、登場キャラクターは世界中で親しまれ、関連グッズも人気があります。筆者もすっかりこの作品に魅了され、大手ファストフード店のおまけだったウッディとバズの人形や、特に日本で人気が出たため出演シーンが増えたというエイリアン(リトル・グリーンメン)人形型の小物入れを入手し、机上に置いています。そういえば、現在の携帯電話の画面保護シールもエイリアンがあしらわれたものを使っています。


How many times do I have to tell you?

マイ・ドッグ・スキップ(2000)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録