HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『007 スカイフォール(2012)』

執筆 まつだあいこ
『007 スカイフォール(2012)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

英国の諜報(ちょうほう)機関MI6の諜報員“007”ことジェームズ・ボンドの活躍を描くアクション・シリーズ第23弾。NATO(北大西洋条約機構)のスパイ情報リストが盗まれた。007はリスト奪還の指令を受けたが、敵を追跡中に誤射され、行方不明となる。彼が再び姿を現したのは、MI6本部で爆破テロが発生し、上司Mの立場がいよいよ危うくなったときだった。

『007 スカイフォール』[DVD]
販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
A: (Bの名前).
B: (Aの名前).
フレーズ活用度:★★★

セリフ抜粋


Mallory: I hope I haven't missed anything. The PM does prattle on in a crisis. Bond.
Bond: Mallory.
マロリー:何も聞き逃していないといいのだが。この危機で首相の小言を頂戴してね。君がボンドか。
ボンド:マロリーさん、よろしく。


解説


移転したMI6本部にて。セリフは、Mがボンド(007)に、MI6を監視する政府エージェントのマロリーを引き合わせたシーンから。本来なら相手にHello. やHi. あるいは Nice to meet you.(よろしく)、さらにはLong time no see.(久しぶり)などと言うところを、丁寧に相手の名を呼び合うことで代用することがよくある。ちなみに、この抜粋セリフのボンドがマロリーの名を言う部分は字幕では「よろしく」、吹き替えでは「どうも」と訳されている。このような形式は、「それでは」「また」「さよなら」と言うべき別れ際にもよく使われる。なお、名前を呼び合うときは、うなずくか、握手を伴うことが多い。同様のあいさつは、本作の劇中に、007が新しい研究開発担当と会うシーンでもう一度見られる。他にも『アメリア 永遠の翼』(09)など多数の作品で見つけられる。


こんなふうに使ってみよう


Zoe: John.
John: Zoe.
Zoe: I haven't seen you since "divorce."
ゾーイ:ジョンじゃないの。
ジョン:やあゾーイ。
ゾーイ:会うのは「離婚」以来ね。
『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』(11- )セカンドシーズン第15話より


あいこのつぶやき


イギリス諜報員の経験を基に執筆したというイアン・フレミングによるボンド・シリーズの映画化50周年記念作品となった本作。6代目ボンドのダニエル・クレイグ版としては3作目ですが、登場人物は“*ボンドガール”が減少、アクションや悲哀が増加しました。このシリーズは、番外編2作を含むと現在25作あり、5作目には東京オリンピック開催直後の日本でも撮影され、日本人ボンドガールも登場する『007は二度死ぬ』(67)があります。今のところ米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」が選んだベスト作品は『007 ドクター・ノオ』(62)、米「ビルボード」誌によるベストテーマ曲はデュラン・デュランの"A View to a Kill"です。

*ボンドガール=各作品で重要な役割を担うセクシーな女性登場人物。


It's just that ~.

トイ・ストーリー2(1999)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録