HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『トランスフォーマー(2007)』

執筆 まつだあいこ
『トランスフォーマー(2007)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

日本の玩具シリーズとして誕生し、アニメ・コミック連携で世界的に展開している「生きた変形ロボット」の物語の実写映画版。惑星サイバトロンの金属生命体トランスフォーマーたちは、その星で生命を生む物質「オールスパーク」をめぐり、二手に分かれ激しく争っていた。この戦いは時を越え、地球を巻き込むことになり……。

トランスフォーマー [DVD]
販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

no choice
フレーズ活用度:★★★

セリフ抜粋


Optimus Prime: You left me no choice, brother.
オプティマスプライム:これしかなかったのだ、同士よ。


解説


死闘の末、勝利をもぎ取った正義の「オートボット」総司令官オプティマスプライムが、オールスパークとともに破壊された悪の「ディセプティコン」リーダー、メガトロンにかけた言葉から。no choice は選択肢がない、つまり「仕方ない」「他に打つ手がない」「そうせざるを得ない」を意味するときに多用されるフレーズ。抜粋セリフは相手が選択の余地を残してくれなかったことが強調された言い回しで、You didn't leave me a choice. と同意。他にほぼ同意の表現には You gave me no choice. があり、自分の状況や選択肢の存在を示すI had no choice. やThere's no choice. という形も定番(時制は状況による)。no choice の後にbut to ~(~する以外に)と具体的に続ける場合もある。You left me no choice. は『TAXI NY』(04)、『FRINGE/フリンジ』(08-13)シーズン2第16話などに、You gave me no choice. は『グレートレース』(65)、『デスパレートな妻たち』(04-12)シーズン3第17話他にある。


こんなふうに使ってみよう


Dr. Rodney McKay: You gave me no choice! You refused to negotiate!
ロドニー・マッケイ:仕方ないじゃないか! 君が交渉を拒んだのだ!
『スターゲイト:アトランティス』(04-09)シーズン3第15話より


あいこのつぶやき


筆者にとって人型ロボットに変形する乗り物といえば古くは『超時空要塞マクロス』(82-83)などに登場するような戦闘機で、人が操縦するのが原則。本作の可変ロボットは人が操縦するわけでも人工知能で動くわけでもなくれっきとした生命体で、人間に寄り添う気持ちや哲学があります。実写版である本作は、緻密に可変する巨大金属の様子を3Dで表現できるほどVFX*技術は進歩したことを実感します。シリーズは今年でもう4作目となりましたが、どこまで続くのか見ものです。それにしても玩具の方は体積を変えず分離もせずに車やバイク、飛行機、動物などの形から重装備のロボットにうまく変わるのでいつも感心します。
*VFX=Visual Effects(ビジュアル・エフェクツ)。特殊視覚効果のこと。


whether you like it or not

『ヘンゼル&グレーテル(2013)』

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録