HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『オーシャンズ12(2004)』

執筆 まつだあいこ
『オーシャンズ12(2004)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

「奪った金に利子を付けて返さなければ命はない。猶予は2週間だ」。ラスベガスのカジノから1億6000万ドルを盗んだ3年後、ダニー・オーシャンら11人の窃盗団は、標的だった富豪ベネディクトに居場所をつきとめられた。彼らは仕方なく金を求めてアムステルダムへ。しかしこれは大強盗「ナイト・フォックス」のワナだった。大ヒット映画『オーシャンズ11』の続編。

『オーシャンズ12 特別版(2枚組)』[DVD]
販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
out of one's mind
フレーズ活用度:★★★★★

セリフ抜粋


Virgil: Are you out of your mind?

バージル: 頭おかしいんじゃないのか


解説


アムステルダムでダニーが受けた依頼は、あまりに小額の窃盗計画だった。憤慨する仲間たち。このセリフは、その仲間のひとりが言ったもの。とっぴなことを言った相手に「自分が何を言っているか分かってるのか」「ウソだろう?」という感覚でよく使われ、『スパイダーマン』(02)、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(01)ほか、多くの映画にも登場する表現。より直接的な Are you crazy?(狂ってるのか?)も同じように用いることができる。ただし、これらはあくまでも親しい間柄での会話表現であることを忘れずに。なお、このフレーズには、Out of sight, out of mind.(会わなくなると忘れられる=去るもの日々に疎し)ということわざにも使われているように、「気が変になる」のほかに「忘れられる」という意味もある。類似表現に Have you lost your mind?もある。


こんなふうに使ってみよう


Don Lino: Are you kidding me? Are you kidding me? Are you out of your mind?
(ドン・リノ:冗談か? 冗談言ってるのか? 気は確かか?)
『シャーク・テイル』(04)より


あいこのつぶやき


ジョージ・クルーニーが老けて見えることを気にしたり、ジュリア・ロバーツがパロディーに挑戦したりと、今回も遊び心がいっぱいの『オーシャンズ12』。特に遊んでいるように見えるのは、全部で15回登場する f-word(f で始まる、ののしり言葉。字幕では××)のうち、14回がほぼ連続で、ピー音を入れてある場面です。鑑賞対象を PG-13(保護者の強い同意が必要。成人向けの内容が含まれ、13歳未満には適さない可能性がある)まで下げるための皮肉な演出としか思えません。


Shame on ...(人)

オズの魔法使(1939)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録