HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『ニューオーリンズ・トライアル(2003)』

執筆 まつだあいこ
『ニューオーリンズ・トライアル(2003)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

犯人は11人を殺害、5人を負傷させた後に自殺、という証券会社での銃乱射事件から2年。犠牲者の妻は銃メーカーを相手取り、販売責任を問う訴訟を起こした。被告側はやり手の陪審コンサルタントを雇い、裏から陪審員を操ろうと試みる。しかし今回の陪審員には、つかみどころのない青年ニックが加わっていた。

『ニューオーリンズ・トライアル スタンダード・エディション』[DVD]
販売元:ジェネオン エンタテインメント
I'm not following ...
フレーズ活用度:★★★★★

セリフ抜粋


Judge: I'm not following you.

裁判長:君(の話の意図)が分からないんだが


解説


近々参加予定の高額賞金が出るテレビゲーム大会の重要性を熱く語り、陪審員を辞退しようとするゲーム店の店員ニック。しかしそういった世界には縁がなさそうな裁判長には、彼が市民の義務を果たせない理由に娯楽を引き合いに出す感覚が分からない。このフレーズは「話の意図が見えない」「その説明では理解できない」と思ったときに使う。相手の話の意図が分からないなら、このセリフのように ... に you を入れる。複数人で話し合っているときに「この会話についていけない」と言うなら、... に this conversation(この会話)を続け、I'm not following this conversation. などとする。『ザ・ホワイトハウス(4th Season)』(02~03)第15話などにも登場しているセリフで、類似表現に I don't understand. など。相手に自分の話が分かったか聞くなら、Are you following me? と言えばいい。またこの I'm not following ... は、状況によっては「ついて行っていない」「従うつもりはない」といった意味として利用できるフレーズでもある。


こんなふうに使ってみよう


Monica: You know, just be there for her.
Joey: Not following you.
(モニカ:だから、彼女のためにいてあげるのよ。
ジョーイ:意味分かんない
『フレンズ(1st Season)』(94~95)第24話より


あいこのつぶやき


名作『十二人の怒れる男』(57)をほうふつさせるスリリングな展開が評価された本作は、弁護士資格を持つ人気小説家ジョン・グリシャムの原作です。彼の小説には映画化されたものが多いですが、本作では「陪審員コンサルタント」という職業がクローズアップされており、「陪審員制度」の裏を垣間見ることができます。日本でも、平成21年5月までの間にこの制度に近い「裁判員制度」がスタートするそうですが、こういった映画を見てしまうと、うまく機能するのか心配になってしまいます。


on one's feet

ターミネーター(1984)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録