HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『ターミナル(2004)』

執筆 まつだあいこ
『ターミナル(2004)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

ニューヨーク、JFK国際空港。ある約束を果たすためアメリカ合衆国にやってきたビクターは、突然の祖国消滅により出入国を禁じられ、空港に足止めされる羽目に。しかし不運にもめげず、彼は長期にわたる空港内での奇妙なサバイバル生活を始める。言葉を覚え、小銭を稼ぎ……。ビクターはしだいに空港の従業員たちの信頼を得るようになる。

『ターミナル DTSスペシャル・エディション<2枚組>』[DVD]
販売元 角川エンタテインメント
TM & (c) 2005 DreamWorks L.L.C. All Rights Reserved
we have a situation
フレーズ活用度:★★★

セリフ抜粋


Security officer: Sir, we have a situation upstairs.

警備員:2階で問題発生です


解説


ビクターが空港に住みついてからしばらくたったある日。視察を受けていた空港管理者の元へ、血相を変えた警備員が駆け寄ってくる。そして深刻な表情で彼の耳にささやくのがこのフレーズ。ここでの a situation とは、a bad situation あるいは a problem、つまり厄介な状況・問題のこと。特に周囲の目を気にしているときなど、少し遠回しに「問題発生」を告げるときに用いられる。a と situation の間に、その問題の状況が分かるキーワードを入れることもある。また、situation の後に場所を入れることも多い。『メン・イン・ブラック2』(02)にも“We have a situation. I need your help.(問題が起きた。あんたの助けが要る)”という形で、同じフレーズが登場している。


こんなふうに使ってみよう


Rudd: Now we DO have a serious diplomatic situation here.
(ラッド:これで深刻な外交問題が発生だ
『リーサル・ウェポン2/炎の約束』(89)より


あいこのつぶやき


気の毒な事情からフランスで空港に足止めされ、そのまま居ついた実在のイラン人男性をヒントに生み出されたという本作。最初の、主人公の言葉が通じないというもどかしい状況は、語学学習者なら大いに共感できたはず。そういえば、彼が一念発起し、英語を独学しようと読み比べる母国語版と英語版のニューヨーク市観光ガイドの内容は、なかなかユニーク。名物として同市が舞台の人気ドラマ『フレンズ』(94~04)も紹介されています。


Get used to it.

そりゃないぜ!? フレイジャー《第1シーズン》(1993~94)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録