HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『フレンズ2 <セカンド・シーズン>(1995-1996)』

執筆 まつだあいこ
『フレンズ2 <セカンド・シーズン>(1995-1996)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

性格も職業も夢もさまざまな、20代の若者たちの日常をつづったコメディドラマの第2シーズン。お嬢様育ちのレイチェル、仕切り屋のモニカ、エキセントリックなフィービー、シニカルなチャンドラー、女好きのジョーイ、そして真面目なロスは、ニューヨークに住む仲良し6人組。彼らは今日も、恋に仕事に、明るく大奮闘する。

『フレンズ II 〈セカンド・シーズン〉 セット1 』[DVD]
販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
Don't get me started
フレーズ活用度:★★★★★

セリフ抜粋


Phoebe:Don't get me started on gravity.

フィービー:私に重力の話を始めさせないでよね


解説


本作のサウンドトラックに収録されているほどの名シーンから。常識にとらわれないマイペースのフィービーは「だれも信じなくても自分は霊が見える。逆に進化論のようなものこそ進化が見えないから信じない」というのが持論。これに古生物学者のロスは黙っていられるはずはなく、「進化は重力のように、科学的に証明されている」と反論。しかし、彼女はもうこの論議をしたくない(彼女は金縛りにはなるが、重力は感じないため信じていない)ので言ったセリフ。「ケンカ売ってる?」「そんなつもりはなかったけど言っちゃうよ」といった意味を込め、相手にたきつけられたと感じた時に使う。フレーズあとは、on をつけて話題を続ける。類似表現に"Don't get me going."ヒットポップ曲名に"Something got me started"というものも。


こんなふうに使ってみよう


Mom:Don't get me started on the things I don't understand.(わけのわからないことで怒らせないで
『メラニーは行く!』より


あいこのつぶやき


10シーズン目で最終回を迎えたアメリカの国民的人気ドラマ『フレンズ』。6人のだれもが強い個性を持っていますが、なかでも断トツに名(迷)言と謎が多いのがフィービー。それゆえ彼女の作った歌やセリフを特集したウェブページは数知れず。今は天然ボケのジョーイを主役に据えたスピンオフ『ジョーイ』が放送されていますが、フィービー版というのも面白そうです。でも、ここまで個性が強いと、ピンの主役としては収集がつかないかも。いつも前面にいないからこそ光るキャラってありますよね。


So be it

エクスカリバー(1981)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録