HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『ユージュアル・サスペクツ(1995)』

執筆 まつだあいこ
『ユージュアル・サスペクツ(1995)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

「カイザー・ソゼ」。マフィアの船が炎上した事件で生き残った2人――ひとりはマフィアの一員、ひとりはこの船のコカインを強奪しようとした前科者グループのメンバー――が口にした名前。事件解決のカギは、この謎の人物が握っていた……。その6週間前。5人の前科者が、銃器強奪事件の容疑者として面通しに集められていた。

『ユージュアル・サスペクツ』[DVD]
販売元: ジェネオン エンタテインメント
Give me some credit.
フレーズ活用度:★★★

セリフ抜粋


Edie: Give me some credit.

イーディ:私を信じて。


解説


容疑が晴れて釈放された5人の中のひとり、キートンの迎えには、弁護士で恋人のイーディが来ていた。今回の件で商談が流れそうだと知りいら立ちを見せるキートンに、彼女は自分が何とかするから心配しないで、となぐさめる。このフレーズは「私に任せて」と言う場合に使う。give credit to a person で「人を信用する」。Give me a little credit.(少しは信用してくれよ)といった形でも使われることが多い。credit には「認めること」「褒めること」といった意味もあるので、同じフレーズでもシチュエーションによっては「認めてよ」「褒めてよ」というように意味合いが変わることがある。credit にはもちろん、「(金銭の)信用貸し」、「(簿記での)貸方」、そして「製作協力者一覧」といった意味もある。


こんなふうに使ってみよう


Dana: You don't give yourself enough credit.
(デイナ:あなたは自分をあまり信じてないのね
『ゴーストバスターズ2』(89)より


あいこのつぶやき


本作のキーパーソン「カイザー・ソゼ」とよく比べられるのが「ロロ・トマシ」。こちらは『L.A.コンフィデンシャル』(97)に登場しています。この2作、続編制作のうわさが持ち上がっています。『L.A.~』原作続編の映画化『ホワイト・ジャズ』は監督も決まり、ジョージ・クルーニーが主演するとか(06年12月現在)。でも、本作『ユージュアル・サスペクツ』の続編の動きはいまだない模様。05年7月の時点では『スーパーマン リターンズ』(06)にスキンヘッドで出演するケビン・スペイシーの髪が生えてから撮影との話でしたが。


You are not gonna make it.

ダ・ヴィンチ・コード(2006)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録