HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『サウンド・オブ・ミュージック(1964)』

執筆 まつだあいこ
『サウンド・オブ・ミュージック(1964)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

1938年のオーストリア。修道女を志していたものの、修道院の生活になかなかなじめなかったマリアは、院長の配慮で、妻に先立たれたトラップ大佐の家で家庭教師をすることになった。厳格なトラップ大佐と対立しながらも、明るいマリアは心を閉ざした7人の子供たちとしだいに打ち解け、音楽で心を通わせるようになる。

『サウンド・オブ・ミュージック 』[DVD]
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
cannot help oneself
フレーズ活用度:★★★★★

セリフ抜粋


Maria: I'm sorry. I couldn't help myself.

マリア:申し訳ありません。我慢できなくて


解説


修道院の規律を忘れて山へ散歩に行き、歌を歌って過ごしてしまったマリアが院長にわびたセリフから。cannot help には「助けられない」「手伝えない」のほかに、「せざるを得ない」「どうしようもない」「我慢ができない」といった意味合いがある。そうせざるを得ないのなら I cannot help doing it. を、それが自分ではどうしようもないことなら I cannot help it. を、自分を抑えられないのなら I cannot help myself. を使う。『ユー・ガット・メール』(98)には、現在形の I can't help myself. が登場している。I can't help it. は『X-MEN2』(03)、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(05)ほかで聞くことができる。


こんなふうに使ってみよう


Fat Guy in Bar: I know, I know, I shouldn't have had it but I just couldn't help myself.
(バーの太った男:分かってる、そうすべきじゃない、でも我慢できなかった
『シュア・シング』(85)より


あいこのつぶやき


作られて40年以上がたつ今も色あせることのない、実在したフォン・トラップ一家の物語をミュージカル化した本作は名曲ぞろい。「ドレミの歌」や「エーデルワイス」は学校で習う定番ソングだし、少し前には「もうすぐ17歳」が飲料の、「私のお気に入り」が鉄道会社のテレビCMに使われました。最近では、人気歌手グウェン・ステファニーが「ひとりぼっちの羊飼い」をアレンジした曲をヒットさせています。この曲のプロモーションビデオは本作を意識して作られています。


Fair enough.

M:i:III(2006)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録