HOME > 疑問解決! 講座選択FAQ > 学習の目的から講座を探したい

疑問解決! 講座選択FAQ

学習の目的から講座を探したい

英語を学習する目的がはっきりしている方向け

TOEIC

Q

急に会社でTOEIC(R)テスト受験が必須になってしまいました。今まで受けたことがないのですが、どのコースを受講すればいいですか。

A

まず、自分の現在の実力を知るために『新TOEIC(R)テストスーパー模試600問』(小社刊)などで模擬受験をして、予想スコアを出してみましょう。 小社にはTOEIC(R)テスト対策用の講座として『超入門』『500点攻略』 『奪取550点』 『600点攻略』『奪取730点』『800点攻略』『挑戦900点 』のなどのコースがあります。タイトルに数字がある講座は、その数字がそれぞれの講座が目標とするレベルです(例えば『500点攻略』は現在のスコアが500点レベルの方ではなく、 500点レベルを目指す方のためのコースということです)。『これならできる!TOEIC(R)テスト超入門』は、英語やり直し派や、英語に抵抗がある方に向けた講座です。今までの英語学習経験や、模擬試験で出た予想スコアをもとにご自分の目標とするスコアを決め、どの講座を受講するかを決めてください。

ちなみに、500点はゆっくり話してもらうか、繰り返しや言い換えをしてもらえば簡単な会話は理解できるレベル、650点は企業の海外部門で業務ができるレベル、730点は海外赴任が可能と見なされるレベルです。

Q

TOEIC(R)テスト対策用の講座の受講を検討していますが、単なるテスト対策だけで終わりたくありません。テスト対策以外に、話す力なども付けることができますか。

A

小社のTOEIC(R)テスト対策講座の中で、スタンダードコース・スペシャルコースは、総合的な英語力を伸ばすことを目的としています。TOEIC(R)テスト対策と同時にスピーキング力の強化もできるように、発話するためのさまざまなトレーニングメニューを用意しておりますので、安心してご受講ください。

Q

現在TOEIC(R)テストスコアは590点です。TOEIC(R)テスト対策用講座の『600点攻略』と『奪取730点』のどちらを受講すればいいのか迷っています。

A

お持ちのスコアが TOEIC(R)テスト対策用の講座の目標点数に近い場合、選択の1つの目安はカリキュラムです。たとえば、『600点攻略プログラム』では、英語を英語の語順のまま理解する「直解トレーニング」に重点を置いて学習を進めます。『奪取730点』では、TOEICのプロが、パート別に"共通する解き方=「憲法」"と、出題パターンに合わせた"解答テクニック=「鉄則」"を伝授します。通信講座の中身を見る・聞くページでテキストの内容やCDの試聴ができますので、参考にしてください。なお、無理なく継続することを最優先に考えるのであれば、『600点攻略プログラム』を確実に完走して実力を付けるのが得策だと思います。


Q

TOEIC(R)テストと TOEFL(R)テストはどう違うのですか。

A

TOEIC(R)テストは世界約60カ国で実施されている、英語によるコミュニケーション能力を測定するテストで、日本国内ではこれまでに約2,600以上の企業、学校、団体で利用されています。 一方TOEFL(R)は、アメリカ合衆国やカナダなどの大学および大学院に入学を希望する外国人の学生のために制作されたテストです。多くの学校で、出願時にスコアを提出するように求められます。


ページの先頭へ戻る

英検

Q

英検1級を目指しているのですが、何を受講すればいいですか。

A

英検1級では、ハイレベルで総合的な英語力が問われますので、「これだけを身に付ければ万全!」とおすすめできるものはありません。そこで、英検1級合格の足掛かりとして、ご自身の弱点補強に役立つ、上級者向けの講座をご紹介します。
リスニング力に不安がある方や、英語漬けになる環境を整えたい方は『1000時間ヒアリングマラソン』で脳の中に英語の回路を確立する「量の学習」を行いましょう。語彙の増強を目指すなら『ボキャビルマラソン・パワーアップコース』で効率よく難易度の高い語を定着させましょう。また、リスニング力、リーディング力、語彙などをバランスよくブラッシュアップしたい方には『挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム』がおすすめです。TOEIC(R)テスト対策を主眼に置いてはいますが、ハイレベルな実践力を磨くという点では適しています。これらの講座で苦手な分野を克服し、自信を持って試験に臨んでください。


ページの先頭へ戻る

                     

旅行・日常会話

Q

海外旅行で、最低限聞き取って話せるようになるには、どの講座から学習すればいいですか。

A

海外旅行や日常生活で最低限必要な情報を聞き取る力を付けたい場合には、 『ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo!』がおすすめです。この講座は「3ラウンド・システム」という科学的なメソッドに基づいて作成されているので、テキストの指示どおりに学習を進めることで「聞き取るためのメカニズム」が無意識のうちに頭の中に作られていきます。海外旅行、日常生活、ビジネス、エンターテインメント、の4つのテーマからカリキュラムを構成し、バラエティに富んだ内容で学習を進めることができます。段階を追って内容の理解を深めながら、必要な情報を確実に聞き取るコツをつかみましょう。

また、海外旅行というテーマにとらわれず、広く日常会話を身に付けたいという人には、『イングリッシュ・クイックマスター 英会話 basic』がおすすめです。日本人がもっとも遭遇しやすい「英語を話したい場面」を設定して、基本的な英会話を成立させる128の英語表現を身に付けていきます。実際に英語を口に出して英会話力を定着させるプログラムです。


Q

日常よく使う表現を身に付けたいと思っています。おすすめの講座は何ですか。

A

簡単な1文の英語で、自分の気持ちや身の回りのことを表現するには『イングリッシュ・クイックマスター 英会話 basic』がおすすめです。この講座では、「こんなときに英語が話せたら...」という英語学習者へのアンケート結果を基に、日本人が最も英語を必要とされる場面を想定した教材になっています。身に付ける英語はネイティブ・スピーカーの発話データベースから厳選し、日本語に置き換えることなく即座に英語が出てくるようにトレーニングを行います。適切な英語を反射的に、また、自信を持って恥ずかしがらずに英語で話せるようになることを目指します。


ページの先頭へ戻る

仕事

Q

仕事で英語を使う機会が増えてきています。ビジネスシーンに適した英語力を身に付けるには、何を受講すればいいですか。

A

『ヒアリングマラソン ビジネス』なら、重要な情報をもらさず聞き取れるだけでなく、聞き取った情報を適切に評価・判断できるようになり、さらに、確かな発言力までも養成します。

『もう一度英語 ビジネス Chance』は、「聞く・話す・読む・書く」の4技能をビジネス仕様に鍛え上げ、英語が必要な場面でも臆せず、あなたの仕事力を発揮できるようになります。

『もう一度英語 ビジネス Plus』は、知識としては理解している中学レベルの英語を、ビジネスシーンで使いこなせるように効果的なトレーニングを行います。

『もう一度英語 ビジネス Basic』は、英語が苦手で、勉強するのも久しぶりという方におすすめです。中学英語を総復習して、ビジネスで英語を使うための基礎固めができます。


ページの先頭へ戻る

  • アルコムワールドで日記を書く

英辞郎 on the WEB

メルマガ登録