HOME > 目的から選ぶ > 英語子育てを楽しみたい

英語子育てを楽しみたい

親子で英語を楽しめる、親しみやすい環境づくりを

アンケートで「子供にさせたい習い事」を聞くと、必ずトップ3に入る英語学習。まわりを見渡せば、実に多くの子供向け英語教材が存在しています。でもいざ始めようとなると、何歳から、どんなふうに始めたらいいのかを迷われている方も多いのではないでしょうか。そこで、子供向け英語教育のポイントをご紹介しましょう。

乳幼児期にためた「言葉」が語学習得の源

生まれた時は言葉を持たない赤ちゃんが、1歳くらいから徐々に言葉を発するようになるのは、お母さんなどの声を聞いて、言葉を体の中にためていくから。英語でも日本語でも、その土台をもとに、意味のある言葉を使うようになります。それならば、乳幼児期のうちから良質な英語を常に聞く習慣をつけ、「英語の耳」をつくるようにしたいですね。

自分から目標を立てて語学学習に取り組む大人と違って、子供たちは親からの働きかけが重要です。日本語と同じように英語も耳にできる環境をつくっておけば、子供たちはすんなりとその英語になじんでいきます。

親子で英語に親しもう

1歳を過ぎ、歩いたり言葉を発したりするようになると、子供たちは日常生活や遊びの中から新しいことをどんどん吸収し、自分のものにしていきます。お母さんと一緒に絵本を見たり、テレビを見ながら踊ったり歌ったり...。そんな遊びを通じてぐんぐん成長していくのです。

そんな時、楽しく遊べる英語の素材があれば、子供たちは遊びの中から英語に親しんでいきます。お母さんと一緒に英語の絵本やDVDを見ながら、一緒に歌ったり、フレーズを繰り返したり。「わぁおもしろい!」と思えることが、新しい興味を持たせ、子供なりの英語の世界を広げていくでしょう

エンジェルコース

「一生英語に困らない」ための耳作り

「耳の黄金期」である胎児から3歳までの今、英語子育ての第一歩をスタートしましょう。

  • 詳細・お申し込みはこちら
  • 通信講座の中身を見る

アルクのabc DVDボックス

うたってあそんで、えいごとともだち!

歌って遊んで覚える!英語と友だちになれる教材です。

  • 詳細・お申し込みはこちら
  • 通信講座の中身を見る

こどもえいご おまかせパック

英語学習のスタートはこれで万全!

「エンジェルコース」と「アルクのabc DVDボックス」が一緒になったオトクなセットです。

  • 詳細・お申し込みはこちら

小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース

子どもに英語を教える先生になる!

児童英語教師としての知識や技術を総合的に学びます。未来の国際人を育てる仕事に就きませんか?

  • 詳細・お申し込みはこちら
  • 通信講座の中身を見る
  • 目的から選ぶ一覧へ
  • アルコムワールドで日記を書く

英辞郎 on the WEB

メルマガ登録