HOME > 目的から選ぶ > 資格取得を目指す

資格取得を目指す

自分の「好き」を仕事にしよう!

人と話すことが好き、英語で話すことが好き、子供が好き、教えるのが好き...。そんなあなたの「好き」を仕事に役立てることができたら、素敵だと思いませんか?「好き」を仕事に役立てるためには、対象カテゴリの資格を取得することをおすすめします。ここでは、やりがいのある2つの資格についてご紹介しましょう。

ますます高まる「児童英語教師」のニーズ

多くの調査結果で「子供に習わせたいおけいこごと」のベスト3に入る英語。さらに、2011年度より公立小学校での英語活動必修化が決定しました。今、子供に英語を教える力を持った人材が全国的に求められています。多くの児童英語教師が必要とされています。

小学生に英語を教える能力があることを示すために、NPO小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)が認定する「小学校英語指導者」の資格を取得する方が増えています。たとえば、J-SHINE認定の「小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース」で規定の成績を修め、「DVD版 小学校英語指導者資格取得認定研修講座」の修了、または、2日間の研修に参加すれば、資格取得への道が開けます。 「小学校英語指導者」の資格を取得した方は、自宅で英語教室を開設したり、地域の小学校で教えたりと、仕事の幅を広げています。「児童英語教師」は英語が好き、子供が好き、という方にまさにピッタリな職業です。

「日本語教師」として世界の教壇に立つ

現在、日本国内には、10万人を超える外国人留学生がいるのをご存じですか? 世界127カ国では、なんと235万人が日本語を学習しているとも言われ、日本語を学びたい外国人は、いぜん増加の傾向にあります。日本語を教える確かな知識があれば、日本語教師としての活躍の場が国内外に開かれているのです。

しかし、日本語ができるからといって、日本語が教えられるとは限りません。日常的に使っている日本語を、客観的にとらえ、音声・文法などについての体系的知識を身につけることや、教える立場の心構えを知ることも大切です。

日本語教師になるための王道は、日本語教育能力検定試験に合格すること。検定合格後は、国内や海外の日本語教育機関の教壇に立つほか、国際交流のボランティアグループに参加して日本語を教えるなど、国際性とやりがいに満ちた新たな世界が広がるはずです。

小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース

子供に英語を教えたいあなたに

子供に英語を教えるための知識や技術を実践的に学べます。修了後は資格取得や、自宅や小学校で英語を教える道が開けます!

  • 詳細・お申し込みはこちら
  • 通信講座の中身を見る

NAFL日本語教師養成 プログラム

検定試験合格にピッタリ照準!

日本語教師になるための最短距離、「日本語教育能力検定試験」の合格を目指します。

  • 詳細・お申し込みはこちら
  • 通信講座の中身を見る

通訳トレーニング入門

英語の聖域、プロ通訳者のワザで学ぶ!

通訳を目指す方の入口としてはもちろん、通訳のワザで英語力に磨きをかけたい方にもおすすめです。

  • 詳細・お申し込みはこちら
  • 通信講座の中身を見る

映像翻訳Web講座 ベーシックコース

映像翻訳のノウハウをウェブで学ぶ

都市部の翻訳学校でしか学べなかった内容が、自宅で習得できるように!

  • 詳細・お申し込みはこちら
  • 目的から選ぶ一覧へ
  • アルコムワールドで日記を書く

英辞郎 on the WEB

メルマガ登録