HOME > 日本語教師になりたい人のための学校ガイド > 千駄ヶ谷日本語教育研究所

千駄ヶ谷日本語教育研究所

東京都新宿区(横浜校もあり)

入学前の見学 国内実習 海外実習 給付金対象講座 就職紹介 修了生の採用

お問い合わせ

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-26-7 名店ビル6F
TEL:03-6265-9570  FAX:03-6265-9571
E-mail:center@jp-sji.org

学校の特徴

2017年4月から、日本語教師の質の向上のため、日本語教師養成講座の届出受理制度(文化庁)が始まりました。千駄ヶ谷は、制度開始に先駆けいち早く届出を受理された信頼ある講座です。現在、世界中で学習者は増えており、日本語教師の活躍の場はますます広がっています。当講座で学べば、真に実践力のある日本語教師を目指せます。修了生の就職率は98%。国内外の教育機関に千駄ヶ谷ネットワークは広がっています。

コース(課程)

▼ 420時間総合課程(通学 平日または土)

  • 基礎から学ぶ
  • 日本語教育能力検定試験合格を目指す
  • 土日に学ぶ
入学時期 4月、7月、10月、1月 受講期間 3カ月(7月全日)、6カ月(4月・10月・1月平日午前)、1年(4月・10月土)
授業回数 218回 授業時間 420時間
入学金 1万円 授業料 52万7,000円(高田馬場校)
47万7,000円(横浜校)
備考 別途教材費3万円。早期申込割引、紹介割引、教育訓練給付制度対象講座、振替、分割。
※金額には消費税8%が含まれます。横浜校の理論授業は、ライブ中継で行われます。

▼ 入門コース(通学 平日または土)

  • 基礎から学ぶ
  • 土日に学ぶ
入学時期 4月、7月、10月、1月 受講期間 約1カ月
授業回数 8回 授業時間 16時間
入学金 1万円 授業料 2万1,760円
備考 日本語教育を学ぶ「はじめの一歩」のコース。理論6科目、実習2科目を勉強します。振替受講制度あり。別途教材費1,300円。
※金額には消費税8%が含まれます。横浜校の理論授業は、ライブ中継で行われます。

▼ 総合実習コース(通学 平日または土)

  • 土日に学ぶ
  • 実技をブラッシュアップする
入学時期 4月、7月、10月、1月 受講期間 3カ月(7月全日)、6カ月(4月・10月・1月平日午前)、1年(4月・10月土)
授業回数 99回 授業時間 198時間
入学金 1万円 授業料 26万9,280円
備考 「検定試験には合格したけれど、具体的な教え方を身に付けたい」という方のためのコース。受講前半(実習1)では、具体的な日本語の指導技術を基礎から身に付けます。受講後半(実習2)では、外国人の日本語学習者に日本語を教える教育実習を行います。振替受講制度あり(教育実習を除く)。
別途教材費6,500円。
※金額には消費税8%が含まれます。

▼ 総合コース(e-ラーニング)

  • 基礎から学ぶ
  • 日本語教育能力検定試験合格を目指す
  • オンラインで学ぶ
入学時期 随時 受講期間 標準学習期間 約9カ月
授業回数 210回 授業時間
入学金 1万円 授業料 22万円
備考 法務省告示校以外の日本語教育の場で教えようという方、ならびに検定合格を目指す方のためのコース。パソコン・iPadでいつでも、どこでも、何度でも自分のペースで学べます。また、スクーリングでの教育実習を行うことで、実際に教壇に立った際にしっかりと教えられるよう、実践力を養うことができます。教材費含む。
※金額には消費税8%が含まれます。

▼ 理論コース(e-ラーニング)

  • 基礎から学ぶ
  • 日本語教育能力検定試験合格を目指す
  • オンラインで学ぶ
入学時期 随時 受講期間 標準学習期間 約6カ月
授業回数 115回 授業時間
入学金 1万円 授業料 7万円
備考 検定合格を目指す方のためのコース。日本語教育に欠かせない理論を学びます。パソコン・iPadでいつでも、どこでも、何度でも自分のペースで学べます。検定で出題される可能性が高い「出題範囲基礎項目」にもしっかり対応したカリキュラム編成です。教材費含む。
※金額には消費税8%が含まれます。

就職のサポート

10,000名を超える修了生が世界中で築いたネットワークで、就職活動を強力にサポート。具体的には、SJIネットワーク(修了生を対象とした、求人情報やイベント情報をお送りするメール配信サービス)/学校・JICA説明会/就職ガイダンス/就職情報ファイル/個別相談/日本語教師キャリアシート(ポートフォリオ)等、様々な形で就職活動を支援しており、修了生を採用した教育機関からは絶大な信頼を得ています。(HPに実際の声あり)

イベント情報

「説明会」「個別相談」を毎日開催。毎週行なっている「ガイダンス」では、理論と実習それぞれの授業体験、日本語教育の現状と受講システムの説明、修了生の体験談、個別のご質問・ご相談等を通し、当講座を詳しく知っていただけます。
また、2000名の学習者が学ぶ日本語学校が併設されているため、受講生と学習者との交流も頻繁に行なわれています。実際の日本語クラスの授業で、学習者と日本語で話し合う機会もあります。

学校からのメッセージ

1975年以来、日本語教育のリーディングスクールとして、時代の要請に応じた教育を常に行なってきました。養成講座では、日本語教育経験と日本語教師養成の指導実績に定評ある、スーパー講師が授業を担当しています。カリキュラムは二つの検定試験に対応しているので、毎日の授業をしっかり復習することが検定対策になります。【日本語教育能力検定試験】【全養協日本語教師検定】の両方の合格を目指しましょう!

  学校一覧へ戻る