Listening Section

解説 神部 孝

目的
留学先の教授の話や学生同士の討論の内容を、正しく聞き取る能力があるかを測定する
内容
教授の話や学内での会話
長い会話1つ(5問)、講義・討論(6問)2つ×2~3セット
選択肢をクリックして答える方式
合計34~51問を20~30分で解答(プレテストが含まれる場合は3セット、51問となる)
ポイント
集中力が途切れないように、音量を少し大き目に
効果的にメモを取る
問題形式
下記のリンクをクリックすると、それぞれの問題の説明と例題を確認できます。
おすすめ学習法
聞き取りする時間を徐々に伸ばす
  • 普段から長い会話や講義を聞く練習をする
  • 集中力維持の訓練をする
文系・理系の苦手意識を捨てよう
  • さまざまなトピックを聞き取る練習をする
メモ書きのスキルを身に付ける
  • テストの全セクションでスコアアップのカギとなる重要なスキル
★メモのポイント4カ条★
(1)キーワードは必ずメモする
(2)活用できるメモを取る(簡潔でわかりやすく)
(3)メモを取り過ぎない!(最小限のメモ)
(4)話の転換点(but、howeverなど)に注意
 

はじめてのTOEFL(R)テスト iBT トップへ

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録